ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「テレビの前で僕もドキドキ」 石崎真央が追う同期の背中

2021/05/29 06:02


◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 2日目(28日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇7349yd(パー72)

ラウンド中にリーダーボードを見て、23歳の石崎真央はがぜん燃えた。「ナオと3アンダーで並んでいた。ナオにだけは勝とうって」。後半1番で8mを沈めると、6番(パー5)は第2打をカラーまで運んでバーディ。ボギーなしの5バーディ「67」で首位と4打差の5アンダー7位につけた。

<< 下に続く >>

「ナオ」とは東北福祉大の同期である片岡尚之。大学時代から同期の中では抜けた存在で、「ナオに追いつこう、追いつこうと頑張っていました」。その片岡が3週前の「ジャパンプレーヤーズ by サトウ食品」で初優勝。自身も出場権のある試合だったが、左手首の腱鞘(けんしょう)炎で欠場を余儀なくされた。

「ずっとドキドキしてました。去年から下部ツアーでもずっと一緒に練習ラウンドをしてきて、いいときも悪いときも見てきた。『いまのショットは良かった』とか『いまのはちょっと…』とか。僕も一緒にいるかのような感じでした」。感情移入たっぷりでテレビにかじりつき、歓喜の瞬間を見届けた。

2020年と21年が1シーズンに統合された今季にあって、レギュラーツアー出場はまだ3試合目。4アンダー17位の片岡を1打上回ってのスタートを喜びつつ、限られたチャンスで貪欲に上を狙う。(岡山県笠岡市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!