ニュース

国内男子ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品の最新ゴルフニュースをお届け

一番人気は金谷拓実 ジュニアゴルファーをトーナメント観戦に招待

◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 3日目(8日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72)

一般非公開で開催されている今大会だが、3日目には地元のジュニアゴルファーたちが大会へ招待された。もともとは、出場プロによるレッスン会が計画されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、感染対策を徹底した上でのトーナメント観戦に変更された。

<< 下に続く >>

参加したジュニアゴルファーは作新学院高(13人)、宇都宮文星女子高(5人)、佐野日大高(5人)の計23人。

今大会で予選通過し、3日目を終えて33位につける32歳・阿部裕樹は自身のプレーを続けながら、佐野日大高のゴルフ部監督も務めている。「予選落ちしていたら、私が(生徒たちを)連れてくる予定でした。なので、予選は通りたかった」と、監督のメンツを保って、ちょっぴり安心した表情。

「子供たちだけだと、上手いって勘違いしてしまうこともあるので、まだまだ上手くなれるということを感じてもらいたい」と貴重な機会を喜んだ。試合が始まると、部員5人が監督についてこようとしたが、「お前ら、どっか行け。最終組を見てきなさい」と愛情を持って追い払った。

試合中は思い思いの組について歩いたジュニアたちだが、一番人気は賞金ランキング1位の金谷拓実。1つ前で石川遼が回っていたが、半数以上が金谷組を追いかけていた。そして、もう一人人気だったのは、選手会長の時松隆光。女子学生はあまり反応していなかったが、男子学生たちは興奮気味にナマ“源ちゃん”(時松隆光の愛称)を堪能しているようだった。(栃木県那須塩原市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!