ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

男子ツアーと“和解” ISPS会長がスポンサー復帰に言及

2020/10/08 19:51

2018年を最後に国内男子ツアーのスポンサーから退いていた一般社団法人「国際スポーツ振興協会」(ISPS)の半田晴久会長は8日、都内で開いた記者会見で「来年はスポンサーに復帰して、公式戦としてレギュラー1試合、下部1試合の2試合を開催できないか考えている」と明らかにした。

ISPSは2012年から国内男子ツアーの大会を開催してきたが、半田氏は18年9月の「ISPSハンダ マッチプレー選手権」で「疑問を感じざるを得ないことが色々あった」と運営面での見解の相違が生じ、昨年スポンサーから撤退したと説明。一方で、その後「JGTO(日本ゴルフツアー機構)の方々から謝罪があった」とし、新型コロナウイルスの影響で男子ツアーの試合数が減少していることもあり、復帰を検討しているという。

<< 下に続く >>

この日は、10月に男子選手が出場するチャリティートーナメント2試合(※)の開催を発表。ともにJGTOの青木功会長が表彰式に出席し、プロアマ戦では半田氏と同組で回るとした上で「青木さんとはプレーしたことがないので『いいですね、ぜひ』となった」と明かした。ISPSとJGTOとの“和解”を象徴する場にもなりそうだ。

半田氏はまた、12月に予定されていた国内3ツアー対抗戦「Hitachi 3Tours Championship」が開催中止に追い込まれたことに触れ、「3ツアーズに代わる『ゴールデンミックスコンペ』を開催できないかも考えている」と言及した。

(※)
「ISPS HANDAコロナに喝!!チャリティー・チャレンジトーナメント」(10月14日~16日/茨城・ロックヒルゴルフクラブレイクコース):賞金総額2300万円(優勝賞金360万円)
「ISPS HANDAコロナに喝!!チャリティー・レギュラートーナメント」(10月29日~31日/福島・五浦庭園カントリークラブ):賞金総額5300万円(優勝賞金1000万円)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!