ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「アマチュアだけど22歳」金谷拓実の大志 次戦は「全米オープン」

2020/09/06 17:09


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日(6日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

プレーオフには2打足りず、5位。並みのアマチュアなら周囲から健闘を称えられても、彼の場合は同じようにはいかない。なにせ本人がそう思えない。「たまに、ミスをしてしまうことがあった。それが優勝する人との差だと思います」。前日までの首位との差、3ストロークを詰め切れなかった金谷拓実(東北福祉大4年)は、アマチュアとして史上初のツアー2勝目を逃して悔しがった。

<< 下に続く >>

「当たり前のことを、当たり前にできなかった」というのが敗戦の弁。序盤3番(パー5)で2オンに成功しながら3パットでパーどまり。後半12番では第2打をグリーン奥にこぼしてボギーとし、勢いを削がれた。「そういうところが、差に表れる。決めなければいけないパットを当たり前にできなかった。ティショットでちゃんとフェアウェイに置けないと、ああいうボギーになる」。14番からの2連続バーディの巻き返しも、あと少し踏み込みが足りなかった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今大会は昨年12月以来の公式戦だった。「今年の初戦だったので、どれくらいやれるかと思っていたが、上位でプレーできた。コロナ禍でやっていたことは間違いじゃない。全米オープンに自信を持って臨めると思う」と17日(木)開幕のメジャー(ニューヨーク州ウイングドフットGC)に向けて気持ちを高めた。

「予選を通過して、ローアマを取るのが目標」とは語ったが、視線はもっと上にある。「自分はアマチュアですけど、22歳なんで。もう22歳でもガンガン、プロとしてやっている選手もいる。コリン・モリカワもそう(全米プロで優勝/23歳)。アマチュアとは言っていられない年齢。上位を目指して頑張りたい」。アマチュア世界ナンバーワンは、次のステージを見据えている。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!