ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

ショットは満足!石川遼、あとはパット次第…

国内男子最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に出場している石川遼。初日に1アンダー3位タイに入る好スタートを切ったが、2日目には3オーバーまでスコアを崩し、大会3日目もスコアを3つ落として通算6オーバーの23位に後退してしまった。

それでも、ラウンド後の石川の第一声は「今日の内容はすごく良かったです」だった。内容というのは、この日のゴルフ全てではなくショットのこと。1番のティショットでフェアウェイセンターをキープすると、2打目で奥3メートルのバーディチャンスを迎えた。2番、そして3番とバーディチャンスにつけたが、いずれもバーディパットが決まらなかった。

<< 下に続く >>

「やっぱり最後はパターですね」。チャンスをつかめず迎えた512ヤードと距離の長い4番パー4では、2打目でグリーン左サイド、ピンまで7メートルのラフまで持っていったが、2パットでボギーが先行。6番パー5ではバーディを奪うが、9番ではアプローチで選択したロブショットがショートし、1メートルのボギーパットも外しダブルボギー。折り返した10番もティショットはフェアウェイながらもボギー。そして11番もボギーとしてずるずるとスコアを落としていく。

前日、同じく最終組でラウンドした片山晋呉のスイングを見て「ダウンスイングでの切り返しのタイミング、体重移動が一定なところを参考にした」。前日にダブルボギーを叩いてしまった最終18番パー3では、1オンに成功。ギャラリーからの大歓声に、ホールインワンでも達成したかのように両手を挙げるバンザイのパフォーマンス。このホールをパーで切り抜けホールアウトした。

「明日は爆発的なスコアが出るのを願うだけです。少しずつカップに当たるパッティングになってきました。昔のパッティングだと、カップにもさわらなかったと思うし、こういうプロの試合に出させてもらって、成長したと思います」。

「この日、良いショットはいくつもあったが、悪いショットもあったので、上手くかみ合うようにしたい」と締めくくった。石川遼にとっての2007年のラストゲームは、残すところ後1日だけとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!