ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

男子プロらがジュニアレッスン 石川遼と弾道対決も

2020/02/02 18:00

伊澤利光のおいで男子プロの伊澤秀憲は1日(土)、横浜市内のゴルフ練習場「横浜旭ファミリーゴルフ」でジュニアレッスン会を行った。同学年で小学生時代から交流が深い石川遼小袋秀人も参加し、小中高生の男女計15人を指導した。

レッスンのメニューづくりからプロが主導したイベントは、アスリートが師事する専門トレーナーの講座で始まった。準備運動からジュニアには普段なじみの薄い、肩甲骨や関節の動きを意識したストレッチをはじめ、スイング中に使うべき体の部位をアドバイス。その後は3人の男子プロがそれぞれ参加者全員のショットを見ながら直接、言葉を送った。

<< 下に続く >>

「ボールが右に曲がる」悩みを持つ高校2年生のスイングを見た伊澤は「普段、右足を左足の上に組んで座ることが多いのでは?」と指摘。ズバリと当てられ、驚くジュニアに「球が右に行く要素は、私生活にもあるかもしれない」と伝えるなど、ヒントは多岐にわたった。

レッスンの後には練習場が昨年導入した弾道計測システム「トップトレーサー・レンジ」を活用して、デモンストレーションを実施。ネットに突き刺さる小袋の豪快な1Wショットは、打席後方に設置されたディスプレイの数値で300ydを軽々と超え、父兄からも感嘆が漏れた。

プロのサインボールをかけたジュニアとのニアピン対決も、同じシステムを使って行われた。場内の120yd先のピンを狙いつつ、画面上では周囲を池に囲まれた浮島グリーンをシミュレート。石川の最後のショットがピンに最も近い1m強を計測し、トッププロの面目を保った。

石川は多くの人の目の前でボールを打ったジュニアをねぎらいながら、「緊張したときにどういう結果になったかを忘れないでほしい」と話した。

「僕もみんなと同じです。でも『緊張したから失敗した』というのは自分の技術を“棚上げ”した言い訳になる。それに、僕は緊張していないときの方が明らかに結果は悪い。優勝したときは最後にいつも手が震えて、吐きそうになっているんです。緊張の中で自分のクセを学び、自分のことを勉強してほしい」と実体験を交えた考えを披露。将来のライバルたちへエールを送った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!