ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

青木功JGTO会長 新スローガンは「感動・歓喜・感謝」

2019/12/25 06:23


日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長は24日、都内で開いた2020年度の日程発表会見で、試合数増加につながらない現況について「スポンサーがあってのこと。一生懸命、我々は営業をしています。試合を『やりたい』というところから、なかなか(開催に)踏み切ってくれないというのが現状です」と実情を語った。

2020年の賞金ランキング加算対象の試合数は前年比2増2減の25試合。賞金レースにおける総額は32億6060万円で青木が2016年に会長職についてからは最低となった。今平周吾が2年連続で賞金王に輝いた19年シーズンを「見ごたえのある試合が多かった」と評し、最終日のテレビ視聴率が2年続けて伸びたこと(17年3.6%、18年4.2%、19年4.7%/ビデオリサーチ調べ・関東地区)を好材料に挙げたが、目標に掲げてきた試合数増をなかなか実現できずにいる。

<< 下に続く >>

「ここ数年の女子ツアーの活況を見て、どうしても『男子ツアーが地味だ』という意見も多く聞きます。選手の技術レベルは年々が向上しながら、人気が今ひとつであるという意見も真摯に受け止めないといけない」と、渋野日向子の活躍に沸く国内女子ツアーを意識しないわけにはいかない。

2020年は「感動・歓喜・感謝」のスローガンを掲げるという。「2020年はもう一度プロ意識の原点に戻る一年であってほしいと願いを込めた。選手ひとりひとりがそれをきっちり表してくれれば男子ツアーの活性化につながると思う」とメッセージを投げかけた。(編集部・桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!