ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

2020年の国内男子ツアーは2増2減の25試合 「ZOZO」は賞金ランク対象外に

2019/12/25 06:00

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は24日、2020年度の年間スケジュールを発表した。レギュラーツアーに7月「ゴルフパートナープロアマ」(茨城・取手国際ゴルフ倶楽部)と、10月末「THE TOP」(会場未定)が新規大会として加わった一方で、「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」が開催中止。日米共催の「ZOZOチャンピオンシップ」は日本ツアーの賞金ランキング加算対象外の試合になった。

賞金加算大会は前年同様25試合。賞金総額10億4832万円(19年実績)の「ZOZO-」が対象外となったことを大きな理由に、年間賞金額は前年比10億8948万円減の32億6060万円となった。2015年以降の直近6シーズンでは最低額で賞金レースが行われる。下部AbemaTVツアーは2試合減の12試合で2700万円減の1億8300万円。

賞金ランキング対象試合から「ZOZO」を外したことについて、JGTOの浦山豊・競技運営部部長は「巨額な賞金総額、優勝賞金により、ZOZOチャンピオンシップ以外の(大会)主催者様から、(ZOZOで)賞金王がほぼ決定してしまうという意見があった」と明かした。19年大会は上位に進出した日本ツアー選手がいなかった(最高位は小平智の37位)ため、終盤のレースに大きな影響を及ぼさなかった。

日本ツアーは世界6大ツアーのフェデレーション(インターナショナル・フェデレーション・オブ・PGAツアーズ)の一員として参加している世界選手権シリーズ(WGC)4大会も賞金加算をしない。一方で4大メジャーは加算対象のまま。その違いについて、同部長は「一番の大きさは予選カットがあること。(ZOZO、WGCは)出場すれば自動的に賞金が得られる構造になっている」と説明した。

日本ツアーの選手に付与される「ZOZO」の出場枠について変更はない見通しで、10月の「ブリヂストンオープン」上位3人のプロ、1月の開幕戦「SMBCシンガポールオープン」から同大会までの賞金ランキング上位7人といった資格はキープされる。ただし、「(出場)試合数には含まれない。優勝した選手に日本(ツアー)のシードが与えられることはない」という。(編集部・桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!