ニュース

国内男子UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズの最新ゴルフニュースをお届け

片山、宮本、ドンファン、そして石川遼がファンと交流

第9回「UBS日本ゴルフツアー選手権」が7月3日(木)から、茨城県の宍戸ヒルズCCで開幕する。その前イベントとして、東京の六本木ヒルズで「ファンとのつどい」が開催された。このイベントは今年4回目の開催を迎え、毎年ツアーの中心で活躍選手たちが会場に訪れる。

今年は選手会長の宮本勝昌、永久シードまであと1勝となったディフェンディングチャンピオンの片山晋呉。さらに現役の大学生プロゴルファー、韓国のドンファン。さらに現役高校生プロゴルファーの石川遼の4名が出席。

トークショー、チャリティーオークション、シュミレーションゴルフを使用したドライビングコンテストやアプローチ対決などが行われた。トークショーでは高校・大学と同級生の宮本、片山の話や、石川のツアーでの話を会場に訪れた多くのファンが聞き入っていた。

チャリティーオークションでは、選手の愛用品が登場し、総額36万円を超えるチャリティーが集まり、中国・四川省大地震、ミャンマー・サイクロンの義援金として寄付される予定だ。

そして、宮本、ドンファン、石川のドラコン&アプローチ対決では、石川が持ち前の飛距離を披露はしたが、大きく右に曲がるショットを連発。アプローチではドンファンが小技のうまさを発揮。しかし総合ポイントで宮本が1位となった。

最後に選手たちは次週開催される「UBS日本ゴルフツアー選手権」への意気込みを語った。コースは2番がパー4からパー5に、そして最終18番も昨年から大幅変更された。そして、この大会は地球環境に配慮したエコ活動を目指している。「はじめの第一歩!」というキャッチフレーズのプロジェクトになるが、選手を代表して選手会長の宮本も一役買うことになっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。