ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、去年と同スコアも「ゴルフ的には上手くなった」

昨年はアマチュアながら15位タイに入った石川遼。今年はプロとして富士桜カントリー倶楽部に戻ってきた。国内男子ツアー第13戦「フジサンケイクラシック」の初日、石川は谷口徹甲斐慎太郎と同組で12時20分に10番ティからスタートした。

「緊張したとか、体が硬かったとかいうことはない」という石川だが、10番のティショットは左のバンカーを越えて林まで飛んでしまい、フェアウェイに戻した後の3打目を寄せきれずにボギースタート。続く11番は、右ラフからグリーン手前のバンカーに入れ、1.5mに寄せるが、これを外してボギー。「最悪なスタート」と、2連続ボギーで立ち上がる。

だが、続く12番のティショットはフェアウェイ真ん中を捉えるナイスショット。残り110ヤードの第2打を、ピン右奥2mにつけてバーディを取り返した。「連続ボギーの後、ちょっとイライラしていて、切り替えようという気持ちもなかったけど、ティショット、セカンドと良いショットが続いたお陰で、気持ちが切り替わった」という石川。続く13番パー3では、奥のバンカーから30cmに寄せてパーセーブ。「あのパーセーブが一番大きかった」と、14番のバーディに繋げた。

17番で5m、18番で10mと、ともにカラーからパターで沈めて連続バーディを奪った石川は、前半を2アンダーで折り返す。後半は、2番と4番の2つのパー3でグリーンを捉えられずにボギーとしたが、570ヤードと距離のある3番パー5では、ピンまで残り275ヤードの第2打をドライバーで強打。僅かにグリーンには届かなかったが、手前のラフから1mに寄せて楽々バーディとした。

結局この日は5バーディ4ボギーの「70」で回って、1アンダー15位タイ。去年の初日も1アンダーで回った石川は、「ゴルフ的には去年より上手くなったと思うけど、スコアは変わらないものですね」と苦笑い。それでも、「プロの試合に出るようになって、グリーンを外した時のアプローチが寄らなくてパーセーブ出来ないことが多かったけど、ちょっとずつパーを獲れるようになってきた」と、自信ものぞかせた。

「1アンダーは、30位くらいかなと思っていたけど、15位タイは初日としては凄く良いと思う。課題は悪かったときに、どう耐えるか。最後まで諦めなければ予選は通過できると思うし、良い所で通れるようにしたい」という石川。明日以降の活躍も期待出来そうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。