ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

岩田寛の複雑なショット評「気持ち悪くないと、逆に気持ち悪い」

2019/11/01 17:36


◇国内男子◇マイナビABC選手権 2日目(1日)◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7200yd(パー72)

首位タイから出た岩田寛は4バーディ、1ボギーの「69」で回り、通算10アンダーでその座をキープした。プレー内容については「ボチボチです」との評価ながら、2015年「セガサミーカップ」以来となるタイトルに前進。3日目は首位に並ぶチョ・ミンギュ、2打差を追うハン・ジュンゴンの韓国勢と最終組をともにする。

<< 下に続く >>

初日は不振だったティショットについては「昨日よりは感覚が良かった」と振り返り、36%だったフェアウェイキープ率は64%に改善。対してグリーンを狙うアイアンショットは「昨日のほうが良かった」と評価は割れ、「急に悪くなるので、まだ分からない。気持ち悪さはずっとある」と、首位にいる今もショットの状態を見極めきれずにいる。

ツアー通算2勝の実績がある岩田だが、ショットについては「気持ち悪くないことが今までにない」と言い切る。打つ前に「ミスのイメージが先に出る」ことがその根底にあり、長く抱えてきたネガティブな感覚は、いまや「気持ち悪くないと、逆に気持ち悪い」という日常的なものになった。

完璧を求めるタイプであることは否定する一方で、「僕の中で、イメージをしている何かがあるんです」と訴える。身体の動かし方や、インパクト時のクラブヘッドの入り方、球筋にわたる総合的なもので、「そこからかけ離れるとダメージがすごい」。調子を落としていたという夏場には、「ショットの調子が上がらなくて、気持ち的にも沈んでいた」という。

4季ぶりのタイトルがかかる決勝ラウンドに向けては「明日考えます。一つ一つやっていくしかないですね」と話すにとどめた岩田。理想のスイングに向けて、週末も無心でクラブを振り続ける。(兵庫県加東市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!