ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

イーグル直後にダブルボギー 石川遼は難関16番の罠に

2019/10/05 18:41


◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 3日目(5日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7295yd(パー71)

カットライン上の52位で決勝ラウンドに進んだ石川遼は1イーグル4バーディ、1ボギー1ダブルボギーと出入りの激しい内容で「68」とし、通算1オーバーの33位で最終日へ。「それほど内容は悪くなかったけれど、アイアンでチャンスに付けられず難しかった」と上位との差を詰め切れなかった。

この日はインスタートの“裏街道”ながら、多くのギャラリーに囲まれてティオフ。12番(パー5)でバーディを先行し、15番(パー5)ではピン右3mに2オンさせてイーグルを奪うなど、ムービングデーでの急浮上を予感させた。

しかし、昨年大会の最終日にトリプルボギーをたたいた“魔の16番”で流れが傾く。グリーン左サイドに深いがけが迫る三好の名物パー3。「自分の中ではいいヒットだった」というボールは奥に切られたピンへ向かったが、「距離が少し足りなかった」と昨年と同じくグリーン左のがけ下へ。強烈な打ち上げの2打目をグリーン奥のラフに入れると、3打目を1mにつけながらも外して3オン2パットのダブルボギー。2年続けて難関ホールの罠に捕まった。

それでも、最後の9番はビッグプレーで会場を沸かせてみせた。グリーン手前の花道から25ydの3打目をSWでカップに沈めるチップインバーディで締めくくり、右手で何度もガッツポーズ。両手を上げて大歓声に応え、ボールを観衆へ投げ入れた。

バーディフィニッシュの余韻が残る中、「悪い部分だけではなく、良い部分も出せている。もちろん最後まであきらめずに頑張りたい」と気合を込めた。最終日は再びアウトコースに戻り、午前7時50分のトップ組からスタートを切る。(愛知県みよし市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。