ニュース

国内男子RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が最終18番で2罰打 マーク戻し忘れ「だいぶショック」

2019/09/01 16:07


◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日(1日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)◇7103yd(パー72)

石川遼は4バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算15アンダーの13位で終えて3戦連続優勝を逃した。

最終18番(パー5)を「バーディ」としたはずが、ルール違反で「ボギー」に。ゴルフ規則「誤所からのプレー」により2罰打を科された衝撃の結末に「だいぶショックです」とうなだれた。

18番では、約60cmのバーディパットが残った。同組の木下稜介のパットライン上にかかるため、マークの位置をずらした。木下らのプレーを待った後、パットを沈めたが、マークを元の位置に戻さずに打っていた。

スコアを提出する際、競技委員から「マークを戻したか」と問われ、初めてミスに気付いた。そのまま提出していれば、失格になるところだった。

ジュニア時代に同じミスをした石川は「完全に不注意というか忘れていた。いろいろと考え事をしていたのかもしれない」と説明した。

「(マークを)ずらしたこと自体を忘れていた。何を考えていたのかは自分でも分からないけど、ちょっと自分を正さないといけない」とショックを受けていた。(福岡県糸島市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。