ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

3種のバウンス角を配置 キャスコ「ドルフィンウェッジ」のニューモデルが登場

やさしさはそのままに操作性・スピン性・打感が向上

キャスコ株式会社(東京都品川区)は、「ドルフィンウェッジ DW-116」を2016年10月下旬に発売する。

ドルフィンウェッジ DW-116」は、トゥ・センター・ヒールの3カ所それぞれに最適なバンス角を配置した『トリプルバウンス構造』により地面との抵抗を減らし、どんな状況でも抜けの良さを発揮する。打ちやすさへの追及はソールのトウ及びヒール付近につけられたラウンドや、ソール幅の設計にも及び、様々な工夫が凝縮された1本となっている。

また、番手別に溝のエッジ形状を変化させた「逆さ富士型溝設計」が最適なスピン性能を約束。軟鉄(S25C)鍛造製法により、やわらかな打感でフェースに球が食いつく感触が得られるという。

ラインアップは50度(0/7/4)、52度(0/7/4)、56度(0/9/6)、58度(0/9/6)の4種類を用意。 ※表記はロフト角(バウンス角トウ/バウンス角センター/バウンス角ヒール)を示す

価格は税抜2万円(税込2万1600円)~。問い合わせはキャスコ株式会社 お客様ご相談ダイヤル 0120-371-562(フリーダイヤル)。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。