ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ウェッジの特徴を継承した『ドルフィンアイアン』誕生

ロフト44度のモデルも加わり、人気シリーズのラインアップが充実

キャスコ(香川県さぬき市)は9月11日、独特なソール形状が発揮する抜けの良さが人気の『ドルフィンウェッジ』を受け継いだ『ドルフィンアイアン』を発売する。最大の特徴は、やはり同じ抜けの良さ。ソール形状をフローさせ、番手ごとに最適な形状に設計した。同社は、開発の経緯を以下のように説明する。

「アイアンのミスショットでよくあるのが、ダフリによる飛距離ロスです。これは、ダウンスイングで脇が開いたり、手首の角度が保てないことが原因で、ヘッドのトウ側から地面に突っ込むことによって起こります。このミスを軽減すべく、ソール・トウ側に『ドルフィンボール』という突起を設けました。ダフってもソールが地面を滑り、飛距離の低下を防止してくれます」

この独自設計は、トウダウンの大きいロングアイアンは「ドルフィンボール」を大きく、ショートアイアンになるほど小さくしたフロー設計を採用。全番手で安定した飛距離を生み出すことに一役買っている。また、フェースには高強度合金を採用。肉厚2.2mmの均一の厚みにすることで、高い反発性能を実現。加えて、ボディを軟鉄鍛造にすることにより、弾き感もありながらソフトな打感・打音を演出する。

本体価格は、日本シャフト N.S.PRO 950GH装着モデル4本セット(#6~#9)が8万円、オリジナルカーボンシャフト「Dolphin DP-151」装着モデル4本セットが9万6000円。#5は単品販売となっている。

ヒット商品『ドルフィンウェッジ』のDNAを受け継ぐアイアンの実力はいかに? ウェッジと合わせてセッティングすれば、2打目以降がもっと楽しくなりそう。アイアンが苦手なゴルファーは、一度試してみる価値がありそうだ。

さらに同社は9月11日、好評を博している『ドルフィンウェッジ』シリーズに、ロフト角44度のモデルを追加投入する。同ウェッジはご存じの通り、バウンス角を小さくした独特な「ドルフィンソール」を採用した人気モデル。「ドルフィンソール」は、トウ・センター・ヒールでバウンス角を変化させ、徹底的に抵抗を少なくするトリプルバウンス設計が特徴。その結果、あらゆるライからでもボールが拾いやすいモデルに仕上がっている。また、ソールラウンドが緩やかで、リーディングエッジの高さが低いため、トップするイメージを払拭。構えたときの安心感を演出している。

ちなみに、ロフト角44度モデルは、フェアウェイやラフからのショットで抜けの良さを発揮させるため、ソールセンター部分のソール幅とバウンス角を適切に設定した。これで同シリーズは、44度、48度、50度、52度、56度、58度、60度と充実のラインアップ。『ドルフィンアイアン』とのマッチングを考え、様々なセッティングが可能。クラブの組み合わせを考えるのも、ゴルフの楽しみ方のひとつ。同社はラインアップを充実させることでその楽しみを提供してくれる。

問い合わせはキャスコへ、0120-371-562。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。