ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

今度の“非常識”要素は重心角 「ニュー エッグ 5500」誕生

株式会社プロギア(東京都港区)は、やさしさと飛びを追求する「エッグ(egg)」シリーズの新モデルとなる「ニュー エッグ(NEW egg)」シリーズを、9月13日から発売する。

2007年に誕生した「エッグ」シリーズは、『既成概念にとらわれない』をコンセプトに掲げ、シニア層を中心に支持を集めてきた。今回、目玉となる「ニュー エッグ 5500(ゴーゴー)ドライバー」と短尺モデル「ニュー エッグ 5500(ゴーゴー)インパクト ドライバー」では、つかまりやすさを最大限にサポートする重心角の大きさを掲げ、重心位置の既成概念を打ち破るモデルとなる。

2016年から19年6月までに国内で発売された主要モデルの重心角の平均値は23度(同社調べ)。「ニュー エッグ 5500」両モデルの重心角は37度に設定され、14度もの差により、明確にヘッドがターンしやすい設計となっている。これまで同シリーズでは、重心角を説明する際に前モデルとの比較で表現してきたが、他社製品を含めた比較で数値を公表したのは初めて。他モデルとの差を明確にすることで、よりつかまりの良さをアピールする狙いだ。

長さは「5500 ドライバー」が45.25インチ、「5500 ドライバー インパクト」が44.25インチ。ロフト角は、両モデルとも10.5度と11.5度。シャフトはそれぞれM-43(S)、M-40(SR)、M-37(R)、M-35(R2)、M-30(L)をラインアップ。価格はどちらも1本7万5000 円+税。問い合わせは株式会社プロギア 0120-81-5600。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。