ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

藤田寛之がクビ覚悟で開発チームへ助言 ヤマハが新「リミックス」を発表

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市)は5日、「リミックス(RMX)」シリーズの2020年モデルを、9月6日に発売すると発表した。

「リミックス」シリーズは男女問わず国内ツアーにて使用される同社の主力モデルで、契約選手の藤田寛之谷口徹今平周吾らを中心に、プロの声を反映したツアーモデル。藤田は「(商品開発に際した)テスト時に言いたいことを本音で言わせてもらった。(契約を)クビにされるんじゃないかと思ったほど…」と苦笑いを浮かべながら当時を振り返った。

同社はこれまで「打感」や「フィーリング」の重要性を説いてきたが、新シリーズは「飛距離性能」を追求するため、ボール初速を上げることを第一目標に置いたと説明。藤田らの声を反映し、開発における方向性自体を見直した。これまで築き上げた開発の知見を捨て、ゼロベースからクラブづくりを行ったとのこと。

目玉となるテクノロジーは、ドライバーに新搭載された「ブーストリング(BOOSTRING)」と呼ばれるヘッド設計だ。ソールからクラウン、ホーゼルにかけて、リブをフェース周囲にリング状に設けることで、ボールの衝突によって生じるヘッドの変形を抑制。フェースのたわみを均一化し、初速をアップさせることに成功したという。

ドライバーはヘッド体積が455ccの「リミックス 120」、460ccの「リミックス 220」の2機種。ロフト角はそれぞれ9.5度と10.5度があり、上下1度ずつ可変スリーブで調整可能。ヘッド価格はどちらも4万3000円+税。シャフトはオリジナルカーボン「TMX-420D」が3万2000円+税。「スピーダー 569 エボリューション 6」「ツアーAD XC-5」「ディアマナ ZF50」が4万2000円+税。問い合わせはヤマハ株式会社フリーダイヤル 0120-808-562。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。