ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

黒がやや赤に近づいた!? 新生「オノフ黒」8月31日発売

グローブライド株式会社(東京都東久留米市)は、「オノフ」ブランドのツアーモデル「オノフ 黒(KURO)」シリーズを、ドライバーからフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンまでフルモデルチェンジし、8月31日から発売する。

「オノフ」は中上級者向けの「黒(KURO)」と、アベレージゴルファー向けの「赤(AKA)」の2シリーズで展開してきたブランドだが、新作の「黒」ではやさしさを前面に打ち出しているのが大きな特徴だ。なかでも「オノフ ドライバー 黒(KURO)」は、“黒史上最大のやさしさと飛び”をコンセプトに掲げ、生まれ変わったやさしさをアピール。従来の「黒」ファンだけでなく、幅広い層を取り込んだクラブ開発が施された。

<< 下に続く >>

前作でも採用された「パワートレンチ」と呼ぶソールに入った2本の溝は健在で、打点ブレによる飛距離ロスを減らし、ミスへの寛容性をアップ。よりやさしくボールがつかまるように配置された重心設計とともに、飛距離を追求しながらも、シリーズ史上最大のやさしさを加えることに成功したという。

ヘッド体積460cc、総重量304g。ロフト角は9.5度と10.5度。標準シャフトは同社製「ラボスティック しなり:50K」(硬さS、重さ57g)で、価格は7万円+税。問い合わせはグローブライドお客様センター フリーダイヤル0120-506-204。

関連リンク



あなたにおすすめ


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!