ニュース

米国男子ディーン&デルーカ招待の最新ゴルフニュースをお届け

斬新な味には伝統が潜む 優勝者の「おいしい権利」が歴史を紡ぐ

テキサス州のコロニアルCCで開催されている「ディーン&デルーカ招待」はPGAツアー(米国男子ツアー)のレギュラートーナメントで、5つしかない“招待試合”というステータスを与えられている。

他の4試合は「アーノルド・パーマー招待」「RBCヘリテージ」「ザ・メモリアルトーナメント」「クイッケンローンズ・ナショナル」だ。

招待試合は通常の試合と何が違うのか?ざっくり言えば、出場選手が絞られ(前週の「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」は156人、今週は121人)、予選会(マンデー・クオリファイ)も開催されない。出場選手を決める主催者の自由度が、より高くなっているのだ。

なかでも「ディーン&デルーカ招待」にだけ存在するのが『チャンピオンズ・チョイス』。歴代優勝者によって選ばれる推薦2枠だ。

生存する歴代優勝者たちによる投票で決められる。対象選手の条件は(1)過去にこの大会でプレーしたことがない(2)他に出場資格を持たない-という2つだけ。1967年には、この枠で出場したデイブ・ストックトンが、ツアー初優勝を飾る快挙を成し遂げた。

昨年までに123選手が選ばれているのだが、なかなか優秀な選手を含んでいる。72人がその後PGAツアーで優勝を挙げ、通算勝利数は389勝。メジャー大会もヘイル・アーウィン、デービス・ラブIIIジョーダン・スピースらが計26勝を誇っている。

今年、この枠で出場しているのは、話題の大型新人ブライソン・デシャンボーとテキサス州オースティン出身のクラマー・ヒコック。ツアーのノンメンバーであるデシャンボーは、7試合という主催者推薦による出場上限数があるが、今回の『チャンピオンズ・チョイス』はカウントされないという。

“斬新”とも思える歴代優勝者の権限は、ベン・ホーガンが2度目の連覇を果たした1953年大会から続く“伝統”でもある。(テキサス州フォートワース/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 ディーン&デルーカ招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。