ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

“ベン・ホーガン伝説”が息づくコロニアルCC

2014/05/21 08:33

先週、テキサス州ダラスで行われていたのは「HPバイロン・ネルソン選手権」。今週、隣町のフォートワースで開催されるのは「クラウンプラザインビテーショナル」。その大会名からは消え失せてしまったが、前者をバイロン・ネルソンの大会とするならば、今週はベン・ホーガンの大会と呼ぶのが相応しい。

1946年に「コロニアル・ナショナルインビテーション」として産声を上げたのが、今大会の生い立ちだ。その記念すべき第1回大会と、翌年に行われた第2回大会、さらに1949年に瀕死の交通事故に遭った後、わずか11ヶ月で奇跡の復活を遂げたホーガンは、1952年と53年にも連勝を飾り、59年にも大会史上最多となる5勝目を挙げている。過去、今大会を連覇したのはホーガンただ一人(しかも2回)。また、59年大会での優勝はPGAツアー通算64勝(歴代4位/メジャー優勝は9回で同4位)を誇るホーガンの同ツアー最後の勝利となった。

コロニアルCCのクラブハウス前にはベン・ホーガンの銅像が建ち(TPCフォーシーズンズにはバイロン・ネルソンの銅像が建つ)、同クラブハウスのプロショップの中には、ホーガンがフォートワースに立ち上げたクラブ製造会社にあった彼のオフィスが、そのままの形で移設されている。入り口にある説明書きにはこう書かれている。「1つの事実として、彼の机の引き出しには、彼が日常使っていた私物がそのまま残されています」。

ホーガンの生い立ちについて少しだけ触れておくと、彼が9歳の時に父・チェスターが(一説によるとホーガンの目の前で)拳銃自殺し、その後彼は家計を支えるためにグレンガーデンCCでキャディのアルバイトを始めたという。その時の衝撃が、「ラウンド中にほとんど言葉を発しなかった」という彼の内向的な性格を作り上げたとも言われている。

日本のファンにとって有名なのは、「モダンゴルフ(原題:Five Lessons: The Modern Fundamentals of Golf)」というゴルフスイングの教則本だろう。また、ホーガンはゴルフ史上最も偉大なスイングの持ち主とも評されており、「今の僕らが見てもめちゃくちゃ綺麗なスイングだと思う(石川遼)」「スイングは見たことあるか分からないけど、すごく綺麗なスイングをしているのがベン・ホーガンだということは知っています(松山英樹)」と、日本の若き2人にも少なくともその名声は伝わっている。

そんな折、2週間ほど前にベン・ホーガンブランドのクラブが15年に再び市場に登場するというニュースが流れた。最初にお目見えするのはアイアンシリーズだというが、死後16年たったホーガンだが、ゴルフ界における存在感はまだまだその衰えを知らないようだ。(テキサス州フォートワース/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2014年 クラウンプラザインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。