ニュース

米国男子WGCアクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

聖地のベストスコアを持つ男 デュビッソンが準決勝へ

ベスト4が出揃った「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」。続けて決勝戦も行われる23日(日)の準決勝第1試合では、年の差ひとつ、25歳のリッキー・ファウラーと26歳のジェイソン・デイ(オーストラリア)の人気者同士が対戦。その一方で、大会最年長優勝がかかる44歳のアーニー・エルスは、まだあまり聞き慣れない新鋭選手とぶつかる。

フランス・カンヌ出身のビクトル・デュビッソンは1990年生まれの23歳。3回戦ではバッバ・ワトソンを破り、この日は連日逆転勝ちを収めてきたグレーム・マクドウェル(北アイルランド)に対し、序盤3ホールで2ダウンを奪われながら、相手のお株を奪うような逆転勝利。連日メジャーチャンピオンから金星を挙げ「武器はティショットとアプローチ。今週は深いラフから上手く打てている」と胸を張り、大会最年少優勝へ前進した。

タイガー・ウッズに憧れた少年は、2010年にプロ転向し、昨年の欧州ツアーで飛躍を遂げた。11月の「トルコ航空オープン」でイアン・ポールタージャスティン・ローズ(イングランド)、そして推薦出場したウッズらを抑えてツアー初勝利をマーク。最終戦「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」では3位に入り、賞金ランキング6位でシーズンを終えた。

ちょうど1年前の世界ランキングは140位。しかし現在は30位でフランス勢のトップを走る。ちなみに、12年の「アルフレッド・ダンヒルリンクス選手権」ではセントアンドリュース・オールドコースで「62」を叩き出し、ジョージ・クッツェー(南アフリカ)、ポール・ケーシー(イングランド)と並んで、ゴルフの聖地でのベストスコアを持っている。

今年1月の「ファーマーズ・インシュランスオープン」でPGAツアー大会に初出場。狙うは、来季のシード権だ。今大会、そして初出場となる4月の「マスターズ」でのフェデックスカップポイント獲得が大きな分岐点になる。

ところで、アマチュア時代には欧州NO,1にもなったキャリアを持つが、本人によればマッチプレーを戦った経験は「(個人戦では)アマチュアの時に2回だけプレーしたことがあるけど…」と言うほど。今大会はプロ転向後、初めてのマッチプレーだった。

それゆえこの日の戦い方も「自分のストロークプレーに徹した。だから彼がバーディを獲っても気にしないようにしたんだ」。伸びしろたっぷりの強心臓の持ち主はフランスにもいた。名前を覚えておいて、いいみたい。(アリゾナ州マラナ/桂川洋一)

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2014年 WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~