ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 場所:アトランタ アスレチッククラブ(ジョージア州)

池田勇太と石川遼 “てれこ”で活躍する2人

2011/08/15 11:01


米ジョージア州アトランタ アスレチッククラブで開催された今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」はキーガン・ブラッドリーのメジャー初優勝で幕を閉じた。タイガー・ウッズロリー・マキロイらビッグネームが優勝争いに加われず、“無名選手”にスポットライトが当たった今大会、日本勢では5人の出場者のうち、池田勇太だけが決勝ラウンドに進出。上位進出はならなかったが、6人が出場した「全英オープン」に続いて意地を見せた。

ところで、前週「WGCブリヂストンインビテーショナル」では石川遼が優勝争いを演じたのに対し、池田は75位と低迷。石川が最終組を回った最終日はトップスタートだった。そして今大会では石川が初日「85」の大乱調で予選落ち。この2人のタレントは賞金王を争う国内トップクラスの実力者だが、どうも一緒に活躍するというトーナメントが特に海外では少ない。今季の4大メジャーは石川が「マスターズ」と「全米オープン」で予選を通過。そして池田が前述のとおり「全英」と「全米プロ」で決勝ラウンドを戦った。

<< 下に続く >>

国内ツアーでも、ともにハイペースで通算9勝ずつをマークしていながらも、2人が過去に最終日最終組をともにし、優勝争いを演じたのは2009年の「コカ・コーラ東海クラシック」だけ。今季もどうもそれぞれの上位進出の数に対して、ともに活躍した試合は少ないように思えてしまう。

今年の4大メジャーも幕を閉じ、ウッズやマキロイの周囲は既にオフの話題もちらほら。だが日本ツアーはここから争いが本格化する。来季の米ツアーのシード権獲得が絶望的となった石川は、予選落ちした直後「いまは日本のゴルフ界が盛り上がっている時だと思う。そういったものを押し上げていきたい」と話した。今後、世界進出を狙う2人の対決・・・再興の兆しを見せている国内男子ツアーの盛り上がりは、もう少し“伸びしろ”がありそうだ。

池田は今大会で、賞金2万1500ドル(約180万円)を獲得し、石川を抜いて賞金ランク2位に浮上。昨年度賞金王で、今季も現在トップを走るキム・キョンテ(韓国)は、「ザ・プレジデンツカップ」と来季の米ツアー参戦を見据えた予選会に参加するため、終盤の3試合を欠場する意思を示しているだけに、やはりこの2人を“本命”としてレースは展開されそう。「(調子の)波を少なくできる選手が世界のトップにいられる」と石川。2人の“波”がシンクロし、大きなうねりとなるかは秋からのお楽しみ、となるだろうか。(米ジョージア州ジョンズクリーク/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2011年 全米プロゴルフ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!