ニュース

米国女子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

五輪女子ゴルフ最年少 インドのアディティ・アショクの可能性

世界ランキングは462位。リオ行きの切符は、オリンピックランキング56位で手に入れた。60人のフィールドで最年少の18歳は、人口12億人超のインド出身。リオデジャネイロ五輪の女子ゴルフ2日目を終え、2日連続の「69」で通算6アンダー8位につけたアディティ・アショク(インド)の略歴だ。

日本での知名度はまったくないが、昨年12月に行われた欧州女子ツアーのQスクールを史上最年少の17歳で制した逸材。インド人として初めての快挙でもあった。

ゴルフに触れたのは5歳のとき。インド南部の都市バンガロール近郊のレストランで家族で朝食をとっていると、眼下にカルナータカ・ゴルフアソシエーションの打撃練習場が見えたという。「ある日、そこに行ってみることにしたの。最初にパッティングをやったら本当に楽しかった。それから、少しずつロングゲームを覚えていった。面白いと思ったわ」。

ゴルフの魅力は「毎日が違うこと」とアショクは言う。「同じショットは2度と打たない。だから、毎日が新しい経験。それに、どんなに期待をしてもその通りにはならない。ゴルフは私たちよりも偉大だから。それが好きなところね」。プロゴルフファーになる夢を優先しつつ、インドで大学に通うプランも考えているという。ジャーナリズムを専攻したいというだけあって、語り口も理路整然とした印象だ。

アショクの活躍は、インドでのゴルフ熱を爆発させる可能性を秘めている。アニルバン・ラヒリや、SSP.チャウラシアといった男子の同胞選手たちも、すでに世界でその頭角を現し始めている。

日本代表の丸山茂樹ヘッドコーチは、その綺麗なスイングを一目見て感嘆の声を上げたとか。五輪終了後には、米国女子ツアーの出場権を目指してQスクール第1ステージに挑戦する予定のアショクは「去年は18歳になっていなくて、受けられなかったの」と、あどけない顔で笑った。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。