ニュース

米国女子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 リオデジャネイロ五輪
期間:08/17〜08/20 場所:オリンピックゴルフコース(ブラジル)

朴仁妃が首位浮上! S.ルイス「63」で2位、日本勢は後退

◇リオデジャネイロ五輪 女子 2日目◇オリンピックGC(ブラジル・リオデジャネイロ)◇6245yd(パー71)

初日に引き続いて好天に恵まれた大会2日目に、上がり2連続バーディを含む「66」で回った朴仁妃(韓国)が通算10アンダーとして単独首位に浮上。通算9アンダーの1打差2位には、この日11個のバーディを量産(1ボギー、1ダブルボギー)して「63」を叩き出したステーシー・ルイス(米国)が初日の19位から急浮上した。

<< 下に続く >>

通算8アンダーの3位に続くのは、チャーリー・ハル(英国)とブルック・ヘンダーソン(カナダ)の2人。通算7アンダーの5位にマリアンヌ・スカルプノード(ノルウェー)、ニコラ・ラーセン(デンマーク)、キャンディ・クン(台湾)の3選手が続いており、豪華なリーダーボードは国際色豊かとなっている。

日本勢は、野村敏京が2日続けて「69」で回り通算4アンダーの17位タイ。この日パープレーの大山志保は通算1アンダーの32位と、それぞれ順位を下げている。

また、初日首位発進のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)は、この日パープレーでスコアを伸ばせず通算6アンダーの8位タイ。日本でプレーするテレサ・ルー(台湾)は通算5アンダーの13位タイ、世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)は通算3アンダーの22位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!