ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

53歳のDNA インクスターは最後の全米女子OPか

2014/06/21 13:47


輝く将来を予感させるティーンエイジャーの話題はいつだって新鮮だ。11歳のルーシー・リー、17歳のリディア・コー(ニュージーランド)、19歳のレクシー・トンプソン…。「全米女子オープン」は今年もフレッシュな魅力にあふれ、日本からは16歳アマの橋本千里が予選を通過。厳しい戦いに彩りを添えた。その一方で、長きにわたって戦いの場を求め続けるベテランたちのプレーも、存分に魅力あるもの。今大会は53歳が開幕前に話題を呼んだ。

1999年、2002年大会の優勝経験を持つジュリ・インクスターが今年、注目を集めているのはこの「全米女子オープン」出場を今年限りで“引退”すると大会前に明らかにしたからだ。「今年はあと2試合だけでしょう。来年は6試合だけ。(全米女子オープンは)今回がたぶん最後になる」

ツアー通算34勝、うちメジャー通算7勝のグランドスラマーは、2人の子供を産んだママさんプロゴルファーの草分け的存在。若手が出現するにつれ、近年ではテレビのコメンテーターなどコース外での役目も多くなった。ゴルフへの愛情が薄くなったわけではない。むしろ「プレーしなくても幸せ」と思えるようになったという。この「全米女子OP」では2009年を最後に決勝ラウンド進出がなく、引き際と判断したようだった。

ところが、パインハーストNo.2を舞台としている今週、インクスターは見事予選通過を果たした。第1ラウンドを1オーバーでまとめ、この2日目は「75」。通算6オーバーの28位タイと堂々の成績でカットラインをクリアしたのだ。「良いプレーができなかった。パットが特に。ミスヒットが多くてショートパットを外してしまった。全体的には残念。週末がまだある」と、厳しい姿勢で自分のプレーを評価。「週末からはイーブン、1アンダーくらいでそれぞれプレーしたい」。老け込む様子は微塵もない。

自らが節目とした一戦での好結果。“全米女子OP引退”を決めたこと、今回がラストになることが、メンタル面で変化を及ぼしたのかもしれない。気合が入ったから? 丁寧にプレーしたから? そんな問いにはこう答えた。

「それは無いわ。ただ、一生懸命やってるだけ。これが私のDNAよ」

過去の「全米女子オープン」も、いや出場してきた試合のすべてでも、同じように全身全霊をかけて戦ってきた。世界一の称号を争うトーナメントへの34回出場は、そんなプライドの積み重ねだ。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。