ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

櫻井有希「勝負に行けて良かった!」

昨年末のクオリファイで2位通過を果たし、今季のレギュラーツアー出場資格を掴んだ櫻井有希が、今季第6戦の「スタジオアリス女子オープン」で優勝した金ナリとは1打差の単独2位に食い込んだ。

2008年にプロ入りを果たしたが、試合で結果を残すことが出来ず苦しいシーズンを過ごしてきた。そして昨年は米国に拠点を置くレックス倉本の口利きでアニカ・ソレンスタムゴルフアカデミーの門をたたいた。

<< 下に続く >>

スイングを1からやり直した櫻井、春過ぎには4日間のミニツアーで優勝を果たすなど成果を上げ出した。ビザの更新などで日本に帰国した際にはスポットでツアーにも参戦。「サイバーエージェントレディス」で9位タイ、「meijiカップ」では4位タイなど日本でも活躍。その勢いでクオリファイも通過したが、今季は開幕戦から4試合連続予選落ちを喫した。

「試合に出られるのは嬉しいことですが、結果が出ないとしんどい・・・」。心労から肌荒れをおこすなど、精神的にも落ち込んでしまった。転機となったのが先週の「ヤマハレディースオープン葛城」だった。09年には、初日に19オーバー「91」を叩いた苦い思い出のコースに挑んだ櫻井は、4日間通算4オーバーの40位タイに入った。

「やっとですね、先週からプロキャディの関根淳さんについてもらっているので、今週も楽しみ」と話していた櫻井は、今大会最終日を通算1アンダー8位タイで迎えると、スコアを伸ばして優勝争いに絡んだ。そして金ナリとは2打差で迎えた最終18番、2打目をピン下1メートルにぴたりとつけて金にプレッシャーをかけ、バーディパットを沈めて単独2位となった。

「16番、17番とピンに絡めることが出来なくて、関根さんから『それはリードしている人のゴルフだよ。追いかける立場なんだからリスクを負ってでも攻めよう』と言われたので、それが最後に出来ました」と嬉しそうに話す。

「優勝は出来なかったけど、すごく自信になりました」。ツアー史上初の4試合連続初優勝者達成とは成らなかったが、これまでの殻を完全に破った櫻井は、攻めのゴルフを身につけ、次なる戦いに繋げるはずだ。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!