ニュース

国内女子JLPGA新人戦 加賀電子カップの最新ゴルフニュースをお届け

30歳の新人戦 ベイブ・リュウ「他の人生も考えていた」

◇国内女子◇JLPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日(8日)◇グレートアイランド倶楽部 (千葉)◇6582yd(パー72)◇晴れ(無観客)

30歳のルーキー、ベイブ・リュウ(台湾)にとって無観客といえど、念願の54ホールだったかもしれない。

<< 下に続く >>

「新人戦は普通の試合と違って、それほど緊張感がないので楽しくできる感じでした。とても良い試合」。成績は通算イーブンパー5位と納得のいくものではない。それでも賞金88万5000円の重みは十分に感じていた。

11歳から競技を始め、176cm、69kgと恵まれた体格を武器に22歳だった2015年から、プロテストを経ずに当時のTP単年登録で日本ツアーに参戦した。同年の下部「フンドーキンレディース」で初優勝。17年「ニトリレディス」では優勝した申ジエ(韓国)と2打差の2位に終わった。ところが、19年に制度が変わり、ツアー出場のためのQT出場はJLPGA会員(プロテスト合格者等)だけとなり、道が閉ざされた。

コロナ禍も重なった。米ツアー予選会にも挑戦したが、結果につながらない。食事も合わなかった。それでも、諦めずに今年11月のプロテストに4度目の挑戦で19位タイの“ギリギリ”合格。前週のファイナルQTは45位に終わり、来季のレギュラーツアーは限定的となるが、表情は明るい。

「今年のプロテストに失敗したら、ゴルフをやめようと思っていた。台湾で自分の会社をやっているので。年もとったので、他の人生も考えていたが、まだゴルフができてうれしい」

2024年シーズンはレギュラー、下部、台湾ツアーに参戦する予定で、今オフは母国・台湾で100yd以内の精度に磨きをかける。

「日本は友達もたくさんいる。レギュラー優勝を目指して、もうちょっと頑張りたい。レベルをあげたいですね」と力を込めた。(千葉県長南町/玉木充)

玉木充(たまきみつる) プロフィール

1980年大阪生まれ。スポーツ紙で野球、サッカー、大相撲、ボクシングなどを取材し、2017年GDO入社。主に国内女子ツアーを担当。得意クラブはパター。コースで動物を見つけるのが楽しみ。

2023年 JLPGA新人戦 加賀電子カップ



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!