ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

最終日もダブル姉妹対決!!

2008/05/31 18:31


国内女子ツアー「廣済堂レディスゴルフカップ」の2日目。朝から冷たい雨が降りつける中、最終組でスコアを伸ばしたのは、寒さ対策にアンダーウェア、さらにお腹と背中に使い捨てカイロを貼り付けてラウンドした中島真弓だった。

5アンダー2位タイでスタートした中島は、5打差で首位を走る飯島茜にじわじわ迫り、2打差の7アンダー単独2位で最終日を迎えることになった。初日は自身の32度目の誕生日を好スコアでラウンドしたが、この日はその勢いを保っての優勝争い進出。「体力がないので、どこまで集中力を維持できるかわかりませんが・・・」。この2日間、中島をキャディとして支えているのは4歳下の妹、佳奈子さんだ。

普段は弟の徹さんがキャディをしているが、今回は都合が悪くゴルフの仕事をしていない妹さんが借り出された。3週前に行われた「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」以来2度目の経験となる。前回は「お姉さんの歩く速度についていけなかったので、今回は遅れをとらないように心がけています」という佳奈子さん。

この日同じ最終組でラウンドした飯島のキャディも妹の遥さん。ということで、周囲からは姉妹対決という見方をされることだろう。中島は「妹はゴルフが専門ではないし、飯島さんのところの妹さんはキャリアも違うし、しっかりしているし・・・」と対決には及ばないといった感想を漏らす。

実際、ラウンド中の行動も全くことなる。飯島姉妹は2人でパッティングラインを読み、ショット際もスタンスの向きを毎回チェックする。そして、少しでも姉が間違っていると『ちゃんと私の言ったことをしてよ!』など厳しい激が飛ぶ。中島姉妹は、ラウンド中ほとんど会話をせず淡々と姉がボールを打つ。顔が良く似ているので、姉妹だと分かったが、一見、他人どうしかとも思うほどの接し方だ。それでも姉妹同志、幼いころから気持ちは通じているはず。最終日、どちらの姉妹が最後に笑うのだろうか(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。