ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

佐伯三貴、狙うは7匹!?

2008/11/07 20:12

来季の米ツアー出場権を獲得できる「ミズノクラシック」で、勝利を目指している米ツアー挑戦組の大山志保佐伯三貴。大会初日は佐伯が5アンダーのトップタイ、大山は3アンダーの5位タイと、揃って好スタートを切った。

10番スタートの佐伯は、前半2つのバーディを奪って折り返すと、後半も1番でバーディ。2番でこの日唯一のボギーを叩いたが、4番で1mにつけてすかさずバーディを取り返すと、5番、6番と連続チップインバーディ。同組の不動裕理も「入れるし、寄せるし、残りの2人は吸い取られているみたいだった」と、佐伯の爆発力に圧倒されていた。

先週は腰痛の為、ツアーを欠場。しかし、今週もその爆弾は抱えたままだ。「何をやっても痛いですよ」というが、コースでそんな素振りを見せることはない。「この腰が壊れてもいい!(笑)」と、気迫で残り2日を乗り切る構えだ。

周囲はこの試合に勝って、米ツアー出場権を掴んで…という青写真を描くが、それは本人が一番意識しているはず。だからなのか、「勝たなくちゃっていうのは無くて、勝ったらラッキーくらいです」と、努めてプレッシャーは遠ざけている。

そんな、オンオフ切り替えの一環として、昨日は魚釣りに行ったという佐伯。「ハゼを6匹釣りましたよ」と、腕前もなかなかのようだ。偶然にも(?)今日のバーディ数も6。「じゃあ、今日は7匹釣ってきます!」と、しっかりとマイ釣竿の積まれた車にキャディバックを押し込んで、この日も颯爽と漁場へ向かった。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。