ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

いちからわかるゴルフの大会ボランティア 役割、魅力、大変さは?

2018/09/04 17:00

◇国内男子◇フジサンケイクラシック◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

11万人が必要とされる2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアの募集が9月中旬から始まる。特に大会運営に携わるボランティアは1日8時間で10日間を基本とする無償の活動となるため、「集まるのか」といった声も上がっている。一方で、ゴルフのトーナメントもたくさんの無償ボランティアが大会運営を支えている。どんな役割を担い、どんな魅力や大変さがあるのだろうか?「フジサンケイクラシック」の会場で取材した。

■ 花形はスコアラー

ボランティアは大会の運営会社側がウェブサイトなどで募集を行う。人数は大会によって様々で、今大会では連日100人超のボランティアが参加した。仕事を引退した70歳前後の“団塊の世代”が多い。それぞれの地域でボランティアのコミュニティーができていて、どの会場にも“おなじみの顔”がある。前年のボランティアにはダイレクトメールで案内を出すが、リピート率は100%に近いという。

いくつかの役割があるボランティアのうち、花形は「スコアラー」だ。実際に選手に随行し、各ホールのスコアを専用端末機で入力する。緊迫したプロのプレーが間近で見られるとあって“1番人気”を誇り、希望者が多い場合には抽選になる。大会3日目は21人の枠に対し50人の希望があった。もちろんゴルフの知識は求められる。

次いで人気なのが「キャリングボード」。プラカードのようにスコアの速報板を持って、組についていく。選手の練習風景を間近で見られるチャンスもある「練習場」もゴルフ通には人気だ。早朝から夕方まで拘束時間が長いため、早番と遅番に分かれていることが多いという。ボールを拭いたり、拾ったりとなかなか大変な仕事だ。

最も多くの人員を要するのは「ホールマーシャル」だ。ギャラリーが安全に観戦できるようロープを張ったり、選手のプレーを妨げないよう「プレー中!お静かに!」というボードを掲げたりする係で、一日中同じ場所での業務になる。

ほかにもスコアラーからの情報で会場内の速報板を操作する「スコアボード」、ボールの行方の確認やブラインドホールで紅白旗を使って合図をする「フォアキャディ」、選手の現在地を示す「コース案内板」、ティショットの飛距離を測定する「ドライビングディスタンス」など大会にもよるが、種類は多岐にわたる。

■ 石川遼組は意外と不人気?

3日目に最終組のキャリングボードを持った静岡県の粳田信一(うるちだ・しんいち)さんは、ボランティアの魅力を「選手と一体になって大会を盛り上げていける」、つまり「中の人」になれることだと話す。「男子、女子、シニア、行けるところはどこでも行きます」と今年は17試合に参加予定だ。自身もゴルフ好きだが「最近は自分のゴルフより、ボランティアに夢中になってしまいラウンド回数が減っている」と苦笑いした。

粳田さんは毎回、スコアラーかキャリングボードを希望するが、7割くらいの確率で当選するという。「売り出し中の(星野)陸也くんについて回りたかったから、きょうは“当たり”」。キャリングボードを持つ際は、ギャラリーの視線を遮らないように立つのが難しいと話す。石川遼らギャラリーの多い選手は意外と敬遠されがちで、当たった場合「遼くんが好きな女性のボランティアに譲る」こともあるという。

この日、ボランティアの受付を行う「本部」を担当していた半藤佳己戸(はんどう・かなこ)さんは、大会が「川奈ホテルゴルフコース 富士コース」で開催されていたころから参加し、富士桜に移った2005年からは毎年欠かさず来ているという。ボランティアの人数は「10年前は半分くらいだった。川奈のころは20人くらいしかいなかった」と話す。

「選手との距離感」を魅力に挙げ、2010年に石川と薗田峻輔による4ホールのプレーオフを間近で見られたことを貴重な体験だと振り返る。このときではないが、石川組のキャリングボードを持ち、ギャラリーに“もみくちゃ”にされたことも思い出深いという。

■ 交通費や宿泊費は出ないが…

一方で、なかなか厳しいと思える条件があるのも事実。集合時間は午前6~7時で、平均で1日8~10時間ほど拘束される。朝食と昼食の弁当は出るが、交通費や宿泊費は出ず、手配はすべて自分で行う。粳田さんは「それが『ボランティア』だし、好きでやってるからね。あ、でもこれはもらえるんだよ」と自身が羽織るユニフォームとキャップを満足げに指差した。

ちなみに「TOKYO 2020 大会ボランティア運営事務局」に確認したところ、東京五輪・パラリンピックのボランティアに応募する際、担当したい競技の指定はできないとのことだった。(編集部・柴田雄平)

柴田雄平(しばたゆうへい) プロフィール

1977年生まれ。身長は188cm。猫好き。モデル、俳優業から紆余曲折を経てGDOニュース編集部へ。GDOモテゴル研究部ではシバッバとして活動する。出張が多くなったが「地方のビジネスホテルに一人で泊まるのが苦手」というクリティカルな問題を抱えている。ツイッター: @shibabba

関連リンク

2018年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~