ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

「ネガティブの塊」アトムにほとばしる家族と熊本への愛情

2018/04/15 19:33

優勝して娘の亜子ちゃん(左)、夢芽ちゃんを抱きかかえる重永亜斗夢

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(15日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

「夢に見ていたシーンでした」。長女・亜子ちゃん(5歳)と次女・夢芽(ゆめ)ちゃん(2歳)がグリーン上で大好きなパパに飛びついていく。その光景を見た重永亜斗夢の妻・和歌子さんは、思わず口元を手で覆った。

29歳の重永の悲願のツアー初勝利。パパの雄姿を見ようと、家族はこの日午前6時1分、熊本駅始発の新幹線で三重まで飛んできた。「いろんな意味でここまで長かったです。まさか勝てるとは…」と和歌子さん。最終日最終組でツアー通算31勝の片山晋呉、そして14勝で選手会長を務める石川遼を、たくましく破った夫をグリーン脇でたたえた。

2年前、今週と同じように「東建ホームメイトカップ」に出場していた重永は突如として注目を集める存在になった。2016年4月14日、熊本地震が発生。同県菊池郡菊陽町に住んでいた家族が被災。無事だったものの、生活は一変した。「ライフラインは問題なかったんです。でも余震が続いて、子どもたちも敏感になっていたので」。和歌子さんは当時3歳だった亜子ちゃん、1歳だった夢芽ちゃんを抱え、2週間も車中泊を余儀なくされた。

離れた先の家族を心配する夫を当時、妻は電話越しに叱咤した。「帰ってきても、ぐっすり寝るところもない。飛行機もいつ飛ぶか、新幹線も通るか分からない。義援金にできるくらいのお金を試合で稼いできなさい」。

和歌子さんは夫を「ネガティブの塊」と評する。「よくこの仕事ができていると思います。ふたこと目には“オレはゴルフに向いていない”って…(笑)」。そんな時はこう諭す。「あなたはやりたいことを仕事にできている。世の中にそんな人はひと握り。それは幸せなこと」。ロボットじゃない、人間のアトムにはひとりで10万馬力を出せなくとも、優しく、時に厳しく背中を押してくれるパートナーがいた。

故郷を思い、重永は「熊本の人がどう思っているか分からないけれど、少しでも(地元を)勇気づけられたらいい。2年が経って、(被災地の問題が)風化していく時期に勝てたことは僕にとってはいろんな意味で大きい」としみじみと語った。(三重県桑名市/桂川洋一)

桂川洋一(かつらがわよういち)
1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~