ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

薗田峻輔が2勝目に王手 日本ゴルフの黄金世代は

北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催中の国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」3日目。薗田峻輔がコースレコード、自己ベストとなる「61」を叩き出し通算15アンダーとして単独首位に立った。11バーディ、ノーボギーの会心のプレーで2010年「ミズノオープン」以来となる2勝目に王手をかけた。

今大会が今季4試合目となる薗田は、今年1月、トレーニング中に左ひざを負傷。シーズン開幕時期の出場を棒に振り、ツアーの公傷制度を利用した。

<< 下に続く >>

「痛みがひどいというか、関節が詰まって、足が伸びなかった」。内側側副靭帯および半月板を損傷(バケツ柄断裂)。両方を治療し長期離脱する手もあったが、早期復帰を目指して、2月に一部めくれ上がった半月板の除去手術にとどめた。それでも本格的な練習を再開できたのは、ゴールデンウィークの直前頃。5月末の「ダイヤモンドカップゴルフ」がシーズン初戦だった。

そんな中、同じ1989年生まれ、アマチュア時代にしのぎを削った中である小平智が、6月の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」で優勝。さらに言えば、昨年の同大会王者はこれまた同い年の藤本佳則だった。普段から「薗田に、藤本に追いつきたい」と口にしてきた小平の待望の初勝利を薗田は「嬉しかった。すごく刺激になる」と言う。焦りもない。しかし「でもメジャーで先に勝たれてしまったのは、逆に悔しかった気持ちもあります」というのが23歳の本音でもある。

「僕らは平成元年生まれなんですけど、女子もすごく勝っている。同世代と括られても、ひとつ上、ひとつ下の選手たちとは、やっぱりどこか違うんですよ」と薗田。米女子ツアーで戦う宮里美香、国内で賞金女王の道をひた走る森田理香子(90年1月生まれ)も同学年。「ライバルというよりも、それ以上に気にかかる存在。必ずスコアもチェックしちゃうしね」。海外に目を向ければ、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、ピーター・ユーライン(米国)の名前も挙がる。

それぞれのキャラクターも豊かで、20代前半で結果を残している。石川遼松山英樹といった2学年下の世代に話題を持っていかれてばかりではいられない。彼らが新しい時代を引っ張るゴールデンエイジとなれば、次世代のゴルフ界の明るい材料になるはずだ。(北海道千歳市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!