ニュース

国内男子ザ・ロイヤルトロフィの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・ロイヤルトロフィ
期間:12/14〜12/16 場所:エンパイアホテル&CC(ブルネイ)

異例の“お祈りハーフタイム”影響は?

ブルネイのエンパイアホテル&CCで開幕した「ザ・ロイヤルトロフィ」は初日、欧州選抜がいきなり大量リードを手にした。フォアサム形式のダブルスマッチプレー全4戦で3勝1分け。ポイント3.5対0.5と、その力を存分に見せ付けて2日目に入る。

この第1ラウンドが行われた14日はブルネイの国教イスラム教の礼拝日にあたる金曜日。そのため、選手たちはかねてから懸念されていた正午からの“お祈りタイム”のため、休憩を余儀なくされた。午前9時から第1組がスタートし、9ホールを終えた選手たちはその後クラブハウスに引き上げ。公の場での“仕事”は禁じられ、食事、トレーニングなどそれぞれが思い思いの時間を過ごした。

<< 下に続く >>

それでも、午後1時30分からドライビングレンジ、パッティンググリーンでの練習再開が可能になり、同2時からリスタートとなったものの、各組それぞれのハーフタイムは約3時間にも及んだ。ちなみに、この時間帯の試合会場は静まり返ったものの、屋内ではテレビ放送があったり、アイスクリームを普通に買えたりと、なんら不具合はなし。ヒジャブ(ベール)を被った女性たちが、祈りを捧げたりする姿も見られなかった。

ところで、試合展開に関して「影響は無かった」と話した選手も多かったが、欧州のプレーイングキャプテン、ホセ・マリア・オラサバルは、この時間こそが、勝負の分かれ目のひとつと読んでいた。

ヘンリック・ステンソンとのコンビで、石川遼ベ・サンムンのコンビを5&4と圧倒したゴンサロ・フェルナンデスカスタノは言う。「ラウンド中の休憩が欧州チームに力を与えてくれたと思うよ。ホセ・マリアは再開前のドライビングレンジで僕らに言ったんだ。『スタート後に仕掛けて、一気に行こう!』って。(第1組の)モリナリ兄弟は正午から最初の4ホールでポイントを獲ったし、うちのチームも4つ立て続けに勝った。アジアチームも決して悪いプレーじゃなかったけどね」。

同じようにアジア勢で影響を口にしたのは藤本佳則。前半を終えて1アップのリードをキープしていたが、後半インでそのエドアルド、フランチェスコの兄弟に逆転された。「3時間で流れを変えられてしまった。そのまま(休憩無しで)回れたら、違う展開になってたやろなぁとも思う」。体調不良のため、本調子には程遠い状況なだけに、一気に勝負を決めたかった気持ちもあるだろう。

確かに結果論。このハーフタイム、初日の勝敗に100パーセント影響したとは思わない。ただ、今年の「ライダーカップ」で大逆転勝利に導いたオリーの言葉だと、妙に納得してしまう。(ブルネイ・バンダルスリブガワン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2012年 ザ・ロイヤルトロフィ




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!