ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹 したたかに3度目の賞金王へ

5月の国内メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で今季初勝利をマークし、2週前の「~全英への道~ミズノオープン」では2位タイ。44歳の谷口徹は、順調なシーズン前半戦を過ごしている。

北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開幕した「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の初日も、5バーディ、1ボギーの「68」をマーク。首位とは3打差の4位タイと貫禄の滑り出しを見せた。

07年大会のチャンピオンでもあるベテランは今大会を制すると、3000万円を獲得し、他選手の成績に関わらず賞金ランキングで3位からトップに躍り出る。ベ・サンムン(韓国)が米ツアーに参戦した今シーズンの最大の目標に据えた3度目の賞金王戴冠。その視界も一気に良好となる。

海外メジャー第3戦「全英オープン」を再来週に控えるが「それは終わってから考えます。まずはこの大会」と、目の前のトーナメントに集中。「大きい大会で、勝つのも重要な要素」と賞金額が高いシーズン中盤戦での一戦への意欲は自然と高まる。過去2度の経験から導き出した、栄冠につながる道の考え。それは「賞金王は確かに終わった結果ではある。でも“たまたま獲れた”っていうもんじゃない」というもの。闘志をむき出しにして、狙って、獲りに行く。それが谷口のスタイルだ。

1ラウンド18ホールの中にスコアを伸ばせる“チャンスホール”があるように、長いシーズンの中にも「狙うべき」ビッグトーナメントがある。賞金額が安いからといって手を抜けるほど、プロゴルファーは器用でないが、皮算用だってもちろんする。「先はまだまだ長い。10月以降、どれだけ頑張れるか。そしてそこまでにどれだけ稼いでおくか」。攻める、守る。1ホールに、1ラウンドにショットの“押し引き”が求められるように、名手たちは長いシーズンに強弱をつけて争っている。(北海道千歳市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2012年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。