ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

富田雅哉、16年前の感動をもう一度・・・

2011/10/28 19:12


国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」の前身、1995年の「Philip Morris Championship」でツアー初優勝を果たしたのは田中秀道だった。その田中のキャディバッグを担いでいたのは、当時18歳の富田雅哉だった。

田中に声をかけてもらいキャディをすることになった富田は「何もわからない高校3年生でしたけど、感動したことを覚えています。優勝するっていいなと思いました。最終18番で優勝を決めるパットのイメージが凄く残っています」と当時のことを思い出す。その感動から自身もプロの道を進むことを決意したのだ。

その富田が今大会2日目に7バーディ、ノーボギーのラウンドで通算9アンダーまで伸ばし、17位タイから2位に1打差の単独首位に浮上した。今季はショットの不調から好成績を出せずに、これまで賞金ランキング75位と低迷している。「シード権は落したくない。ダメでもちゃんと自分のゴルフのゴルフができれば、また這い上がれると思うので」と、少し消極的な発言をする。

ところが、師匠の田中秀道の話題になると、表情を引き締める。田中は今週のテレビ中継で初めての解説を担当している。「ラウンド中もカメラが近づいてくると、画面の向こうで秀道さんが何を言っているのか怖くて、緊張しましたよ」と、常に師匠の存在を意識しながらプレーを続ける富田。

「最近は直接お会いしてないのですが、秀道さんの前で変なプレーはできませんから・・・」。気合いの入る富田だが、解説をする田中は「裏方からトーナメントを見るというのが、すごく良い経験になった」と、初体験の仕事に精一杯向き合っている。そんな田中の目の前で、16年前に2人で掴んだ “優勝”を今度は選手として富田が掴むことは出来るか。そうなった場合、田中は嬉しさを隠せず声を震わせ解説どころではなくなってしまうはずだ。(兵庫県加東市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。