ニュース

欧州男子アブダビHSBCゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

欧州ツアー、プレー時間短縮への動き活発に

欧州ツアーはジョーダン・スピースロリー・マキロイ(北アイルランド)、リッキー・ファウラーらが集結する今週の「アブダビHSBCゴルフ選手権」開幕を前に、遅延プレーに関する新たな指針を発表した。欧州ツアーCEOのキース・ペリー氏は「1ラウンドで15分短縮できると信じている」と表明した。

前組から遅れた組に対して、これまでは最初に警告が与えられていただけだったが、新指針では、競技委員が即座にプレーの監視(モニタリング)を始めることになるという。そして、1打につき40秒(最初に打つ選手はプラス10秒)の持ち時間を超えると、モニタリングペナルティが課される。そして、次のティからは罰打の対象として時間計測が開始される。

モニタリングペナルティの扱いは、罰打がないだけでスロープレーの違反と同等だ。モニタリングペナルティ、もしくはスロープレーを1ラウンドで2回重ねると2600ユーロ(約33万円)の罰金となる。3回目以降はさらに2600ユーロずつが加算されていく。

ペリー氏は「新指針は、プレーの遅い選手を特定し、逆に問題を持たない選手が競技委員から受けるプレッシャーを軽くする。これにより、コース上またテレビで観戦しているファンにとって、ゴルフがより魅力的なものになるだろう」と語った。

一方、大会開幕前にスピースらは、芝の上を滑走するスケートボード型の乗り物「ゴルフボード」を使ったエキシビジョンマッチを披露した。スピースとファウラーが米国代表、マキロイとヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が欧州代表として戦った。米国が勝利したが、1ホールは2分も掛からなかったという。

写真を見ても分かるとおり、プレーヤーたちは実に楽しそう。プレー時間の短縮には、有効な解決策だと感じられる。ゆったり歩く時間を削れれば、大幅なプレー時間短縮も夢ではない。まだまだ、ゴルフの可能性は捨てたものではないはずだ。(編集部/今岡涼太)

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 アブダビHSBCゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~