ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

日本人初の快挙 久常涼が欧州ツアーのルーキー・オブ・ザ・イヤー

DPワールド(欧州)ツアーは28日、23年シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーに久常涼が選ばれたと発表した。日本人の選出は史上初となる。

22年11月の予選会(QT)ファイナルステージで7位に入り23年シーズンの出場権を手にした久常は、開幕戦「オーストラリアPGA選手権」で2位に入るなどシーズンで7度のトップ10入りを記録。9月「カズーオープンdeフランス」では日本人史上3人目の欧州ツアー優勝を達成。年間ポイントレース(レース・トゥ・ドバイ)で17位に入り、2024年度のPGA(米国男子)ツアー出場権をつかんだ。

<< 下に続く >>

今回の選考にはプロ転向後3カ月でライダーカップに出場したルドビグ・アバーグ(スウェーデン)や7月「全英オープン」2位などの成績を残したトム・キム(韓国)らもノミネートされていたが「強力な候補者が多かったが、久常はシーズンを通しての活躍が評価された」(トーナメント委員会のデビッド・ハウエル氏)という。

久常は欧州ツアーのホームページを通じ、「とてもうれしい。今シーズンはDPワールドツアーでとてもエキサイティングな経験をしてきた。フランスで優勝できたことは、僕にとって素晴らしいことだった。とてもハードに頑張ってきたし、とても良い結果だった。DPワールドツアーで日本人の優勝者になれてとてもうれしかったし、とても光栄に思っている。DPワールドツアーカードを手に入れ、今はPGAツアーカードも手に入れた。興奮しているし、とても幸せだ」とコメントを発表した。

欧州ツアーのルーキー・オブ・ザ・イヤーは1960年にスタート。過去には77年のニック・ファルド(イングランド)、88年のコリン・モンゴメリー(スコットランド)、2014年のブルックス・ケプカ(米国)らが選出されている。

2023年 DPワールドツアー 久常涼 ルーキー・オブ・ザ・イヤー インタビュー
2023年 DPワールドツアー 久常涼 ルーキー・オブ・ザ・イヤー インタビュー
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

関連リンク



あなたにおすすめ


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!