ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ユーラシアカップ
期間:01/15~01/17  場所: グレンマリーGC(マレーシア)

マレーシアで優位に立った欧州チーム

「ユーラシアカップ」初日は、先陣のイアン・ポールターを筆頭に欧州チームがアジアチームを圧倒し、堂々のリードを築き上げた。

金曜に行われたフォーボール6マッチで4勝を挙げたダレン・クラーク率いる欧州チームは4.5対1.5とし、アジアチームは1勝と引き分け1つにとどまった。

ベルント・ウィスベルガーと近年「ライダーカップ」で欧州代表の勝利に大きく貢献してきたスター選手の一人であるポールターは、第1試合で対戦したアニルバン・ラヒリワン・ジョンフンを4&3で下し、アウェイの地でプレーする欧州チームに初ポイントをもたらした。

欧州チームはロス・フィッシャークリストファー・ブロバーグプラヤド・マークセンキム・キョンテを6&4で下したため、続けざまにポイントを積み重ねることに成功した。

その直後、アジアチームはアン・ビョンフントンチャイ・ジェイディーがヨークシャー出身の
ダニー・ウィレットマシュー・フィッツパトリックを見事な逆転劇で下したことで初ポイントを獲得した。

しかし、欧州チームはシェーン・ローリーアンディ・サリバンが2&1で呉阿順片山晋呉を下し、3勝1敗とすると、ソレン・ケルドセンとバックナインに入り膝の痛みと格闘したビクトル・デュビッソンが地元人気のダニー・チアニコラス・ファンの組と引き分けた。

第6試合はリー・ウェストウッドクリス・ウッドキラデク・アフィバーンラトとシブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシアを2&1で退け、欧州チームの実り多き一日を締めくくった。
欧州チームのキャプテン、クラークは華々しいスタートに胸を躍らせている。「欧州にとってすばらしいスタートとなった。バックナインでどっちに転んでもおかしくない内容の試合がいくつもあった」とクラーク。

「折り返しでは欧州チームは全てのマッチでリードしていたね。無線で何人かと連絡を取っていたのだけど、彼らは、これはマッチプレーなのだから、アジアはバックナインのどこかで応戦するだろう、と言い、まさにその通りの展開になった」

「我々はいくつかのマッチで力強いパフォーマンスを見せ、とても良い結果を得ることができた」

午前中の第1試合では、6番でオーストリア出身のウィスベルガーがバーディを奪ったことでウィスベルガー&ポールター組が1アップとして後半へ折り返すと、その後がぜん波に乗り、10番から3ホール連続で奪取して確固たるリードを築き上げた。

自分たちのパフォーマンスに満足のポールターは「良いゴルフだった。僕らは良い感じでプレーできたね。今はこれだけ暑くなってきたのだから、早めに決着をつけられて良かったよ」と述べた。

「僕らはいくつかパットを決めることができたのだけど、この方式ではそれが常に重宝されるから。通常はそれが違いを生み出すんだ」とポールター。

「相手は全くパットが入らず、それがターニングポイントになった。自分たちが4.5メートルや6メートルのパットを決めれば、相手にとっては難しい状況になるからね」

ウィスベルガーは、「我々はチームとして良くやったと思う。必要な時に鍵となるパットを決めることができたし、それぞれ良い場面があり、お互いを助け合うことができたから、今日は良い感じでチーム力が出せたね」と述べた。

フィッシャーとブロバーグは前半で4アップとし、10番も奪ってさらにリードを広げた。
マークセンとキムは11番を奪って抵抗するも、続く12番ではブロバーグが長いパットを沈めて再び5アップとすると、14番を欧州ペアが奪ったことで勝負ありとなった。

「僕らはチャレンジへ向け準備万端で1番ティに臨み、お互い『さあ景気良く行こうぜ、とにかくボールを2つともインプレーに置いていこう』と声を掛け合っていたんだ」とフィッシャー。

「それが昨晩のミーティングでクラーキーに念押しされていたことだったし、今日僕らがやろうとしたことだったんだ。ボールを2つともインプレーに、ボールを2つともグリーンに乗せ、お互いにバーディチャンスがあるように、とね。僕らは多くのチャスを作り出すことができたし、早めに勝負を決めることができて良かったよ」

他方では、ジェイディーが5番で27メートルのモンスター級のパットを沈め、アジア組にリードをもたらした。

しかし、ウィレットとフィッツパトリックのイングランド人コンビもバウンスバックを見せ、見事なパッティングを披露して2アップとリードして後半へ折り返した。

しかし、アンとジェイディーは11番、14番、15番、16番、そして17番を奪う猛攻を繰り広げ、アジアチームに初ポイントをもたらした。
ローリーとサリバンは2アップとして前半を終えると、13番と14番を連取してリードを4ホールに広げた。

その後、片山が15番でチップインを決め、16番では呉がバーディを奪ってアジアペアが追いすがるも、欧州ペアは17番をハーフとして勝利をものにした。

デュビッソンとケルドセンのペアは、フランス出身のデュビッソンが1番でバーディを奪い、いきなり優位に立った。

パー3の5番でファンがバーディを奪って勝負を振り出しに戻すも、9番でデュビッソンがセンセーショナルなロングパットを沈め、欧州ペアが1アップとして後半へ折り返した。

続く11番はアジアペアが獲り、14番で再び欧州ペアがリードを奪い返すも、ファンが14番でバーディを奪ってオールスクエアに戻した。

17番ではケルドセンがチップインを決めたことで、再び欧州ペアがリードを奪うかに見えたが、ファンも同様にチップインを決め、勝負はスリリングな展開のまま最終ホールを迎えた。

18番は両ペアともにパーとしたため、このマッチは引き分けに終わった。

ウェストウッドとウッドは2番と5番を奪って序盤に2アップのリードを築く力強いスタートを切るも、アフィバーンラトに7番、チョウラシアに10番を獲られることにより、アジアペアに追随の隙を与えた。

しかし、イングランド人コンビは12番と16番でバーディを奪い、欧州チームに4勝目をもたらすことに成功した。


特集

世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~