ニュース

欧州男子BMWマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 BMWマスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:レイクマラーレンGC(中国)

母国中国での戦いに臨む李昊桐と呉阿順

「WGC HSBCチャンピオンズ」で目覚ましい活躍を見せた中国の新星・李昊桐(リー・ハオトン)は、勢いそのままに自身のホームクラブであるレイクマラーレンGCで開催される今週の「BMWマスターズ」に臨むことになる。

前週の7位タイという成績は、中国人選手による世界ゴルフ選手権での最高成績。今季の「深センインターナショナル」で、プレーオフの末にキラデク・アフィバーンラトに敗れている李は、今週上海で出色のパフォーマンスを披露してギャラリーを魅了する決意を固めた。

<< 下に続く >>

コースのほど近くで育ったとあって、李はコースを熟知しており、賞金総額700万米ドルのヨーロピアンツアー“ファイナルシリーズ”第3戦に臨むにあたり、その地の利を活かしたいと考えている。

「前週のパフォーマンスで大いに自信がつきました。実は、それまで上手く行かずに少し苦しんでいたのですが、爆発するが如しでした。あれは自分のキャリアで一番のパフォーマンスでしたし、これからさらに良い選手となる上でのターニングポイントになればと思います」と李。

「僕のホームコースであるレイクマラーレンGCでの大会に出場できることに喜びを感じています。声援を送ってくれる全てのファンのためにも、良いプレーができればと思っています。ここにいられて本当にハッピーですし、これからの数日間、楽しみながらみなさんの親切とおもてなしに報いたいと思います」。

李と同様、呉阿順もコースと深い関わりをもっている。また、BMWのアンバサダーを務めていることもあり、30歳の彼は今季4月に優勝した「ボルボ中国オープン」に続き、「BMWマスターズ」のタイトルも獲得したいと熱望している。

予選の2日間をマルティン・カイマーヘンリック・ステンソンと同組でプレーすることになった呉は、「もちろん、ずいぶん前からこの大会を楽しみにしていました。BMWとレイクマラーレンGCがスポンサーについていますので、もし、ここでシーズン序盤の成功を再現することができれば、より良いシーズンの締めくくりになりますね」と述べた。

「自分のナショナルオープンでの優勝は、私の人生において多くを意味しました。あそこで勝てて最高でしたし、あの勝利の意義は多大なものでした。また中国のゴルフ界にとっても物凄く大きな一歩となりました」。

「ヨーロピアンツアーでは2年間プレーしています。ジャスティン(ローズ)やヘンリック(ステンソン)と競い合えるのはすばらしいことですし、最高の喜びでもあります。こうした大きな大会で全力を尽くすことができれば、と思っています」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 BMWマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!