ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 アルフレッド・ダンヒル選手権
期間:12/11〜12/14 場所:レオパルドクリークCC(南アフリカ)

レオパルドクリークでの大願成就を期すパラトーレ

先週開催された「イタリア全国選手権」で、プロとしての初優勝を飾り、今週は南アフリカで開催される「アルフレッド・ダンヒル選手権」でヨーロピアンツアー初出場を果たすレナート・パラトーレは、見事な景観のレオパルドクリークCC にて、有力選手に囲まれながらも誇りを胸にプレーしたいと望んでいる。

3週間前のQスクールファイナルステージでミッコ・コルホネンとリカルド・ゴンサレスに次ぐ3位に入ったことによりヨーロピアンツアーのシード権を獲得した17歳でイタリア出身のパラトーレは、Qスクール史上3番目の若さでシード権を勝ち取った選手となった。

その後、彼は先週南イタリアのサン・ドメニコ・ゴルフで開催された「イタリア全国選手権」の最終日を「62」の9アンダーでラウンドする見事なパフォーマンスを披露し、勝負をプレーオフへ持ち込むと、そのプレーオフ1ホール目でアンドレア・パヴァンを破り、更なる快挙を達成した。

中国で開催された2014年のユース・オリンピックでは男子個人ストロークプレーで金メダルを獲得したほか、同年の「ポルトガルアマチュア選手権」で優勝。「ジュニア・ライダーカップ」には2度出場するなど、アマチュアとして輝かしいキャリアを過ごしたパラトーレは今、友人であるマッテオ・マナッセロが数年前に歩んだ足跡を辿るべく、キャリア最大の挑戦に立ち向かうこととなった。

イタリア代表チームのトレーニングキャンプに参加した13歳の時、マナッセロと出会ったパラトーレは、それ以来の友人であるマナッセロと似たスタイルの持ち主である。真っ直ぐ飛ばし、グリーン回りが巧く、そしてプレーが速い。

両者は同じ育成とアマチュアのシステムで経験を積んでおり、今では同システムは欧州ゴルフ界と団結するかたちでプロの選手を輩出するようになった。マナッセロやパラトーレと同じように、今週の大会に出場する20歳のマット・フィッツパトリックもまた、アマチュアゴルフから直接ヨーロピアンツアーへ戦いの場所を移しても実力的に遜色のないことを証明した。

今週、パラトーレが、ディフェンディングチャンピオンにしてレオパルドクリークCCでの「アルフレッド・ダンヒル選手権」4勝目を狙うチャール・シュワルツェル、ルイ・ウーストハイゼン、そしてフランチェスコ・モリナリといった有力選手たちを向こうに回して上位進出を狙うのであれば、マナッセロ級の最高レベルのプレーが求められることになる。

「ヨーロピアンツアーの選手として初めての大会でプレーすることに、ただただ興奮しています」とパラトーレ。彼は12月14日に18歳の誕生日を迎える。「緊張や戸惑いはあることでしょうけれど、いつもの自分のプレーができ、予選通過を果たして週末はどうなるかという感じになればいいですね。先週イタリアで勝利し、南アフリカへ発つ前に大きな自信を得ることができました」

「そうですね、全てが自分にとっては新しいことですが、それら全てを経験してゆくことを楽しみにしています。ツアーの生活については、マッテオやモリナリ兄弟、そしてその他のイタリア人のプロ選手と話をしましたし、僕はそこでの生活をエンジョイできると思っています。時には難しいこともあるでしょうけれど、誰もが試練に立ち向かうわけですし、僕は自分が正しいと思うやり方で、そうした局面を乗り切りたいと思います」

弱冠17歳の青年がたった一人で世界へ飛び込み、地球上を旅し、ほぼ毎週のペースで新しい文化、気候、そして言語を経験するという現実が既に艱難辛苦(かんなんしんく)ともいうべきものであるが、それに加え、彼には多くの期待が寄せられており、パラトーレの若き双肩には少なからぬプレッシャーがかかっている。

とはいえ、そこにはツアープロから、コーチ、キャディ、メディア、そして審判員に至る様々なエキスパートが控えており、パラトーレがレオパルドクリークの1番ティに立ったとき、彼は外界を遮断し、自分のすべきことに没頭できるはずである。

今週の「アルフレッド・ダンヒル選手権」の結果がどのようなものであれ、このローマ出身の若者は正しい道を歩み始めるに違いない。

「ポジティブで居続け、良いことに焦点をあてることこそが正しい道だと思います」とパラトーレ。「ヨーロピアンツアーでプレーするのは常に僕の夢でしたし、まさか18歳の誕生日を迎える前にツアーでプレーできるとは思ってもいませんでしたから、これはポジティブなことですね」

「そして、今週の出場者を見渡すと、そのリストのてっぺんにはシュワルツェルとウーストハイゼンがいて、自分がメジャー王者たち、世界最高の選手たちを相手にプレーすることに気づかされるのです。これまたポジティブなことですね」

「僕も良いプレーができていますので、色々なことが楽しみなんです。良いプレーができたらと思いますし、今週1週間を楽しみたいと思います」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アルフレッド・ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。