ニュース

欧州男子BMWマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 BMWマスターズ
期間:10/30〜11/02 レイクマラーレンGC(中国)

勝負は再びコルサーツとレビの一騎打ちへ

ニコラス・コルサーツとアレキサンダー・レビが上海で行われている「BMWマスターズ」の週末で、ここ3週間で2度目となる鍔(つば)迫り合いの勝負を構える格好となりそうだ。

雨により短縮された「ポルトガル・マスターズ」では、ベルギーのコルサーツが初日にビラモウラで「60」というスコアを記録しながらも、最終的にはフランスのレビがコルサーツをかわして優勝した。

そして、この二人はレイクマラーレンにてまたしてもリーダーボードの上位を占め、2日目を「64」でラウンドしたコルサーツが通算14アンダーとして1打差の首位に立った。

今季の「中国オープン」でも優勝しており、初日を「65」でラウンドして首位に立ったレビは、2日目を「66」でラウンドして2位につけており、3位には同胞のロマン・ワッテルが通算11アンダーで続いている。

ラウンド後、コルサーツは先月のグレンイーグルスでの欧州代表による「ライダーカップ」での勝利にどれくらい触発されたかを明かした。彼は同大会で勝利した2012年のメダイナでは代表チーム入りを果たしているが、今年は代表チーム入りを逃し、解説者として大会に関わっている。

それに発奮した31歳のコルサーツは、その直後の大会となった「ポルトガル・マスターズ」初日で、ヨーロピアンツアー史上初となる「59」にあと僅かのところまで迫ったのである。

「このところ2度ほど好調なゾーンでプレーしているのだけど、こういう短期間でこうしたことが起こることは余りないんだよ」とコルサーツ。彼は2012年に「ボルボワールドマッチプレー選手権」を制しているが、2013年は同様の調子を維持するのに苦しんだ。

「それだけに、こうして好調が持続できるのはいいことだし、僕はここ2ヶ月ほど良いプレーができているんだ」

「こうして優勝争いの場に帰ってこられたのは心地いいね。僕はこの位置にいられるのがとても嬉しいし、自分のプレーにも満足しているんだ」。

グレンイーグルスでは傍観者に甘んじた世界142位のコルサーツは、そのことについて触れ、「あの大会では代表入りから遠く離れたところにはいたけれど、僕は自分がああいう舞台でプレーできるだけの才量を兼ね備えた選手だと思っている」と述べた。

「外からああいうのを見ていると、確かに残念には思ったよ。僕もあの大会に出られていればと思ったし、『ライダーカップ』で見た激しさをそのままその次の週へ持ち越し、次の大会でそれをぶつけるかのような感じだったね」

「コースによっては、どのようにゴルフをプレーすべきか気付かされるし、主導権を握るのを恐れてはいけないと感じるんだ。あのように1週間マッチプレーを見ていると、本当に面白いことに、どれだけ良いスコアで回れるかというのが分かるし、恐らく僕らはストロークプレーでラウンドする際は少し安全に行き過ぎているのだと思う」

3週間前に優勝したポルトガルでは2日間を「63」と「61」でラウンドしたレビは、出だしの7ホールで4つのバーディを奪い、11番でもバーディを奪ったため、このまま初日あった1打差のリードを広げるかに見えた。

しかしながら、レビは12番でグリーン右外からのパーセーブに失敗し、今週初めてのボギーを叩くと、その後は14番と15番でバーディを奪うも、コルサーツを捕らえるには至らなかった。

ホテルではレビと同室のワッテルが首位から2打差の通算11アンダーで続き、マルセル・シームブランデン・グレース、そしてエミリアーノ・グリージョが通算10アンダーで並んでおり、その1打後方にはトーマス・ビヨーンが単身でつけている。

「ライダーカップ」以来初の大会出場となったビヨーンは、1番でボギー、そして3番では8打を叩くトリプルボギーと、悪夢のような出だしとなったが、その後の15ホールでは9つのバーディを奪い、2日目を「67」でラウンドした。

「実際、『ライダーカップ』へ向け、ずっと酷い頸部の痛みに悩まされていたのだけれど、あの時は痛みが収まりプレーすることができた」と43歳のビヨーン。彼はその後の「ボルボワールドマッチプレー選手権」は欠場している。

「そして、その次の週に体が音を上げたんだ」

「『マッチプレー選手権』はとても無理だった。字義通り3日間寝床に就いたままだったんだ。でも、そういうものだよ、僕も少しばかり年を取ったからね」

ビヨーン同様に盛り返しを見せたジャスティン・ローズはそのビヨーンの2打後方につけている。彼は初日、出だしの4ホールを4オーバーでプレーしながらもスコアを「72」にまとめ、金曜日は見事「65」でラウンドしたのである。

「こういうのを待ち望んでいたんだ」とローズ。彼はグレンイーグルスで栄冠に輝いた「ライダーカップ」欧州代表チームで、5戦負けなしとチームの稼ぎ頭となった。「今日はリーダーボードに火が着いたね」

「皆、今日の好スコアを狙えるコンディションを最大限に活かしたし、基本的には僕の7アンダーもその上位陣のペースについてゆくのに必要なスコアだったんだ。僕は良いプレーができたし、もう少し良いスコアで回れるチャンスもあったんだ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 BMWマスターズ

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!
「距離測定器を使うと感性が磨かれず、ゴルフが下手になる」と考えているゴルファーがいるが、トップアマの遠山さんは「ゴルフ力アップの強力なアイテムになる」と断言する。遠山さんに「COOLSHOT AS」を使いながら実際にプレーしてもらって使用のコツを聞いた。【今なら!GDOアマチュア選手権限定企画として1日程25名様限定で大会当日に「COOLSHOT AS」を無料貸出キャンペーン実施中!要事前予約】



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。