ニュース

欧州男子メイバンク・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 メイバンク・マレーシアオープン
期間:04/17〜04/20 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

再び“マレーシアの魔法”を狙う…ウーストハイゼンとウェストウッド

今週は「マスターズ」での活躍が記憶に新しいルイ・ウーストハイゼンリー・ウェストウッドが、過去に優勝した経験を持つ「メイバンク・マレーシアオープン」へ出場し、通常のヨーロピアンツアーへの復帰を果たすことになる。

オーガスタナショナルで7位に入ったウェストウッドと、25位に入ったウーストハイゼンは、賞金総額275万米ドルの第53回「メイバンク・マレーシアオープン」へ出場するため、空路マレーシアの首都クアラルンプールを目指す。

まだヨーロピアンツアーのスケジュールに組み込まれる前の1997年に「メイバンク・マレーシアオープン」を優勝したウェストウッドにとっては、7年ぶりのクアラルンプールGC来訪となる。

2012年の「ノルデアマスターズ」以来、ヨーロピアンツアーでの優勝から遠ざかっているウェストウッドだが、先週の「マスターズ」では優勝したバッバ・ワトソンから7打差の7位に入るなど調子を取り戻しており、今週は昨季優勝のキラデク・アフィバーンラトの王座を継ぐ者として優勝候補の筆頭と目されている。

南アフリカのウーストハイゼンは、プレーオフの末にワトソンに敗れて惜しくも「マスターズ」制覇を逃した1週間後に開催された2012年の「メイバンク・マレーシアオープン」で優勝を飾っている。敗戦のショックから素早い立ち直りを見せたあの時のウーストハイゼンは、スコットランドのスティーブン・ギャラハーに3打差をつけてマレーシアでの大会を制したのである。

ウーストハイゼンは米国のアンソニー・カンが優勝した2009年大会でも7位タイに入っており、今週も相性の良い同大会での好調を持続したいと考えている。「『マスターズ』での終わり方は残念だった。最終日のバックナインでパターの冴えがパタリと止んでしまったんだ。大会の大半は十分良い感じでパットを打てていたので、願わくばマレーシアでもその調子を維持して、ここでもまた良い1週間を送りたいところだね」と語った。

この他にも、豪華出場選手の中でとりわけ注目したいのが、この大会2勝のトンチャイ・ジェイディー、そして2011年に弱冠17歳にして大会制覇を果たしたイタリアのマッテオ・マナッセロだ。

マナッセオロと同様に「全英アマチュア選手権」を制して、今大会への招待状を受け取ったギャリック・ポーティアスも、プロツアーでの適応能力を求められる。この若きイングランド人は「マスターズ」でも立派なパフォーマンスを見せており、今季序盤の「アルフレッド・ダンヒル選手権」でトップ15に入った成績から更なる積み重ねを果たしたいと思っている。

ベルギーの飛ばし屋ニコラス・コルサーツは、2012年の「ライダーカップ」のスター選手の1人であり、最近の低調を払拭して以前の勝ち方を取り戻したいと目論んでいる。一方、アフィバーンラトは、同胞のジェイディーが2005年に果たして以来となる大会連覇を目指して今大会へ出場する。

1999年にヨーロピアンツアーとアジアンツアーの共催となった「メイバンク・マレーシアオープン」は、ヨーロピアンツアーとアジアンツアーの共催となったアジアにおける最初の大会である。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 メイバンク・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。