ニュース

欧州男子メイバンク・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

アフィバーンラトが首位を保ち勝負は短期決戦へ

メイバンクマレーシアオープン3日目は、首位グループが何とか2ホールを終えた段階で3日連続のサスペンディッドとなり、54ホールに縮小されることになった。

タイのキラデク・アフィバーンラトは、同組のチャール・シュワルツェルに1打差をつけて首位に立っている。そしてラウンドは、現地時間の日曜日の午前9時45分に再開される。

トーナメントディレクターであるデビッド・ガーランドはこう言っている。「今日の午後もひどい嵐に見舞われましたので、本日はサスペンディッドとすることを決め、その後大会のメインススポンサーであるメイバンクと話し合いを重ねた結果、大会を54ホール制とすることにしました。

「明日、観客のみなさんを含めたここにいる全員で大会を終えたいと思っています。」

先週のアバンサマスターズで4位に入っているアフィバーンラトは、今朝、第2ラウンドの残り9ホールを終え、大会の折り返し地点で2打差の首位に立っていた。その9ホールの内容は、8つのパー、そして最終ホールでは素晴らしいアプローチショットで3フィートにつけてバーディ。2日目の成績は「68」、通算「133」の11アンダーとしていた。

彼は、1番ホールでシュワルツェルと共にバーディを奪ってリードを維持していた。しかし次のホールでドライバーをラフに入れて、レイアップを強いられてしまい、ボギーとしてしまった。

2打目をグリーン横のバンカーから打ってパーセーブしたシュワルツェルは、サイレンが鳴り豪雨と雷の接近を知らせたとき、3番ホール(パー5)の第3打を打とうとしているところだった。

「疲れが出ていたので、私にとってはグッドタイミングでしたね」と23歳のアフィバーンラトは言った。「また明日自分のプレーに集中したいと思います。」

「残り16ホールあります。チャンスがありますし、自分の試合に集中していきたいですね。」

7人の選手が9アンダーでシュワルツェルの1打差につけている。アイルランド人の2人、パドレイグ・ハリントンピーター・ローリー、かつてのライダーカップ出場選手であるイタリアのエドアルド・モリナリ、デンマークのアンダース・ハンセン、中国の呉阿順、そしてフランス人の2人組、グレゴリー・ボーディとビクター・デュビッソン達だ。

しかし、あるスター選手の名前が欠けている。世界ランク3位のルーク・ドナルド(イングランド)だ。初日の「74」に続き2日目を「74」として、ヨーロピアンツアーではプロとして自身初となる予選落ちを喫してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 メイバンク・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。