ニュース

欧州男子ネルソン・マンデラ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ネルソン・マンデラ選手権
期間:12/12〜12/15 場所:マウントエッジコムCC(南アフリカ)

悪天候が続く中、ベッカーが上位へ浮上

この日も競技が中断となった「ネルソンマンデラ選手権」は、ダニエル・ブルックスか首位をキープする中、オリバー・ベッカーがリーダーボードを駆け上ってきた。

7時間の降雨中断に見舞われた水曜日に続き、マウントエッジコムCCは木曜日のこの日も午前中のわずか4時間23分しかプレーすることができず、再び強い雨にたたられてしまった。

<< 下に続く >>

この間、ブルックスの8アンダーを上回る選手はいなかったが、南アフリカのベッカーは、14番を終えた時点で6アンダーまでスコアを伸ばし、フランス人ペアのエドアルド・デュボワ、ロマイン・ワルテと並んで3位タイにつけた。2位には同じくフランス人のフランソワ・カルメルが「63」でつけている。

第1ラウンドの残りは金曜早朝6時から再開の予定で、第2ラウンドは直後の6時40分からスタートする。

水曜日に29歳の誕生日を迎えたベッカーは「ひたすら我慢するしかない。(天候の回復について)僕らができることは何ひとつないからね」と、語った。

「我慢比べが続くこの状況ですが、“みんな同じ条件だから”と、受け入れることができれば、勝負の半分はもらったようなものです」

「正直に言うと、中断してくれて僕はハッピーでした。天候はひどく荒れていて、タフなホールに差し掛かるタイミングだったので。天気が回復してくれれば、いくぶん気軽にラウンドできるので、明日は晴れて欲しいですね」

「今日は重要なパットが何本か決まって、流れが向いてきている感じがする。悪天候の時は、ちょっとした中断が大きな差になる。明日と土曜日の天気予報はすごく良いから、快晴のもとで良いラウンドを重ねたいね」

サンシャインツアー3度の優勝経験を誇るベッカーはわずか「29」ストロークで前半を回り、Qスクール出身のブルックスを射程圏内にとらえた。ブルックスは幸いにも、初日の水曜日に第1ラウンドを終えることができた選手だ。

「あの時は完全に集中していて、(間もなく中断の)連絡を受けたときは18番のティグラウンドにいたんだ」と、26歳のブルックスは振り返った。「連絡を受けたタイミングが良かったと思う。そのまま集中してプレーを続けることができて、結果も良かったからね」

欧州ツアーで優勝経験のある地元の英雄ブランデン・グレースと、ダレン・フィチャートは12番で揃ってバーディを奪い、4アンダーとしてトップ10に入ってきた。しかし前回王者のスコット・ジェイミソンは、5ホールを残して2オーバーと出遅れている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ネルソン・マンデラ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!