ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

来シーズン初戦「アルフレッド・ダンヒル選手権」は12月第1週

2017年シーズンのヨーロピアンツアー第1戦となる「アルフレッド・ダンヒル選手権」が、再びマラレーンのレパードクリークゴルフエステートで、2016年12月1日から4日にかけて開催されることが決定した。

ヨーロピアンツアーとサンシャインツアーの共催となる2017年シーズンの初戦は、2016年シーズンの「レース・トゥ・ドバイ」の終幕となる「DPワールドツアー選手権」の2週間後に開催される運びとなった。この大会では、シーズン序盤からプレーすることになるヨーロピアンツアーとサンシャインツアーのメンバーに加え、アジアンツアーとオーストラレージアンPGAツアーの選手にも、それぞれ15枠の出場枠が与えられることとなった。

<< 下に続く >>

サンシャインツアーの事務局長であるセルウィン・ネイサン氏は「我々は、引き続き我々のツアーへのコミットメントを承認してくれた、サンシャインツアーに最も長く寄与してくれているスポンサーであるアルフレッド・ダンヒルに多大なる感謝を申し上げます。すっかり恒例となりましたが、大会は2016/2017ヨーロピアンツアー国際スケジュールの初戦となります」と話した。

「我々は、再び世界中からこの独特な大会を経験しに来るゴルファーを迎えることを楽しみにしています」

今大会では、新たに計30人のプロ選手をアジアとオーストラレージアから迎えるのに加え、世界各地を代表するパー3ホールを模して造られたレパードクリークの新しいパー3コースで、本大会開幕前日の水曜に9ホールのストロークプレー方式の大会が行われる。

このユニークな大会プレイベントには多額の賞金が懸けられており、アフリカではSuperSportでテレビ中継されるほか、世界中でテレビ中継される予定となっている。

過去の「アルフレッド・ダンヒル選手権」王者には、メジャー王者のアーニー・エルスやディフェンディングチャンピオンのシャール・シュワルツェルらそうそうたる面々が名を連ねており、中でもシュワルツェルは、大会が初めてレパードクリークゴルフエステートで開催された2004年、ヨーロピアンツアーでの最年少優勝記録(当時)を達成している。

2005年、2013年、そして2014年に大会制覇を果たしていた地元南アフリカのシュワルツェルは、前回大会も制し、マラレーンでは過去11回の出場で2位以内を8度記録している。11大会の合計スコアは、通算122アンダーだ。

関連リンク



あなたにおすすめ


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!