ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2022年 全米シニアオープン選手権
期間:06/23〜06/26 場所:ソーコンバレーCC(ペンシルベニア州)

パドレイグ・ハリントンが逃げ切りでシニア初優勝/全米シニアオープン

◇米国シニア◇全米シニアオープン 最終日(26日)◇ソーコンバレーCC(ペンシルベニア州)◇7028yd(パー71)

2位に5打差をつけてトップで出た50歳のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)が3バーディ、4ボギーの「72」とスコアを落としながらも、通算10アンダーでシニアツアー初優勝をメジャータイトルで飾った。

<< 下に続く >>

ハリントンはPGAツアーでメジャー3勝を含む6勝。日本ツアーでは2006年「ダンロップフェニックストーナメント」でタイガー・ウッズをプレーオフで下して優勝している。自身の優勝は2016年の欧州ツアー「ポルトガルマスターズ」以来、5年8カ月ぶりとなった。

全米シニアオープンを海外選手が制したのは2014年のコリン・モンゴメリー(スコットランド)以来。ハリントンは「USGAの大会で優勝したことがない私にとって、この大会での優勝は特別なこと。シニアのメジャー大会での優勝以上に大きな意味がある。私のキャリアにはない何かが加わった。金メダルみたいなものだ」と喜んだ。

55歳のスティーブ・ストリッカーが1打差の2位。首位と3打差の5位から出て「65」をマークしたが及ばなかった。マーク・ヘンズビー(オーストラリア)が通算4アンダー3位に入った。

日本勢は田村尚之塚田好宣が出場し、予選落ちだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 全米シニアオープン選手権

  • 2022/06/23~2022/06/26
  • 賞金総額:4,000,000US$
  • ソーコンバレーCC(ペンシルベニア州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!