ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

もしかして天国?フィンランドの24時間ゴルフ事情

2019/07/06 12:00


■直行便で約10時間

ゴルフ旅行の目的地として考えたフィンランドのメリットは、まず日本から一番近い欧州であるということ。福岡、関西、名古屋、東京から直行便が飛んでいて、ヘルシンキまでは約10時間だ。今年12月には札幌便も開通予定。ヘルシンキ空港はまるでイケア(スウェーデンの会社だが)の店内のように、大きなサインと簡潔な内装で、乗降客も他のヨーロッパの大都市と比べても少なくて快適でストレスがない。

日照時間の関係でプレーできる時間が長く、コースもほとんど混んでいない。プレーフィーもリーズナブル(ヘルシンキGCのゲストプレーで75ユーロ)で、その気になれば1日に3、4ラウンドでき、コストパフォーマンスも悪くない。サウナやショッピングも楽しめるし、個人的には親しみやすいフィンランドの人々も大好きだ。ヘルシンキを拠点にして、スウェーデンやエストニア、ロシアなどに足を伸ばすのも悪くない。これで3度目のフィンランドだったが、通えば通うほど、その魅力にはまっていく…。(編集部/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!