ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

うれし涙の吉田優利「逃げそうになるのを戦い抜けた」

2018/06/22 17:23


◇日本女子アマチュア選手権 最終日(22日)◇嵐山CC (埼玉県)◇6646yd(パー72)

宮里藍宮里美香諸見里しのぶ比嘉真美子…。そうそうたる顔ぶれが並ぶ「日本女子アマ」の歴代優勝者に、千葉・麗澤高3年の吉田優利がその名を刻んだ。「自分で自分がすごいと思う」と、18歳の新チャンピオンは目を輝かせた。

3日目を終えて1打差の首位。最終日も序盤に2バーディを先行させたが、後半に10番、12番とボギーをたたいて「すごく緊張し始めた」と、同組で回る上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)に首位の座に明け渡した。

逃げそうになる心との戦いだった。「“この試合に負けても次がある”とか、“これで死ぬわけじゃない”とか…。でも、そういう自分と向き合っていかないといけないと思って、すごく苦しかった」という。弱気な自分とそれを叱咤(しった)するもう一人の自分がいた。

13番で上野が6mのパーパットを沈めてねばり、吉田も1mを沈めて食らいついた。続く14番(パー5)は、先に3打目を打った上野がピンそば40センチにつけるナイスショット。「ここでバーディを獲らないと負けると思った」という勝負の一打。吉田は残り106ydを52度のウェッジで内側の10センチにピタリとつけた。

17番で5mのバーディパットを沈めて1打リード。最終18番で上野のバーディパットがカップをすり抜けるのを見て、ようやく「勝ったんだ…」と安堵した。

高校1年でナショナルチーム入りを果たしているが、昨年はなかなか海外派遣試合の代表に選ばれなかった。悔しい思いを抱えながら必死になって上を目指した。ナショナルチームのヘッドコーチ、ガース・ジョーンズ氏には、マネジメントやラウンドメモの書き方を教わって、「ゴルフ頭脳のレベルが上がった」と実感する。

ホールアウト後にあふれたのは「いままで悔しい思いをたくさんしたけど、それが一気に報われた気持ちがした」という、うれし涙だ。「楽な方に逃げそうになるのを、戦い抜けたのが一番うれしい」と泣いた後には笑顔を見せた。

海外挑戦も視野に入れるが、「まずは日本でプロになって、賞金女王になりたい」と、第60代の日本女子アマチャンピオンは将来に思いをはせた。(埼玉県嵐山町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。