ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

世界で活躍する日本の選手たち(10月11日-10月21日)

【 先週のREVIEW 】 10月11 ‐ 14日

★ USPGAツアー Invensys Classic at Las Vegas
5日間90ホールの競技を制したのはボブ・エステス。65‐66‐67‐68‐63、30アンダーの逆転優勝。2位には1打差でトム・レーマンロリー・サバティーニ。4位タイには最終日61で追撃したD.ラブIII。優勝者には81万ドル(約一億円)が与えられ、エステスは賞金ランキング23位から8位とジャンプアップ。レーマンも36位からツアー選手権出場確定の20位に上げた。横尾要丸山茂樹は最終日揃って6アンダーの66を記録、順位を上げる。横尾は17アンダー(71‐67‐70‐68‐66)(賞金$50,580)で41位から20位へ、丸山は16アンダー(67‐68‐72‐70‐66)(賞金$35,888)の25位で競技を終了。賞金ランキング、丸山は順位が変わらず35位。横尾はシードをほぼ確定という44万ドルをクリアーし、順位を117位から106位へ上げる。おめでとう!!
最終戦のツアー選手権は賞金ランキング30位までの選手が出場できる。残りの試合は3週間で4試合(最後の週はツアー選手権と裏開催のサザンファームビューロークラシック。)
賞金ランキング:
丸山茂樹 35位 ($1,413,490) 26試合出場
横尾要 106位 ($446,936) 25試合出場
尾崎直道 149位 ($271,202) 17試合出場
世界ランキング:
伊沢利光 29位、片山晋呉38位、谷口徹 59位、丸山茂樹 62位、田中秀道69位、尾崎将司97位、深堀圭一郎104位、手嶋多一111位。

★ Buy.Com ツアー Gila River Golf Classic
今年からできた新しいヒラ・リバークラシック、優勝争いは23アンダーで並んだ3人がプレーオフで決着をつけた。4ホール目でベン・クレーンがボー・バン・ペルトをバーディで下した。ジェイソン・キャランは2ホール目のボギーで脱落した。国吉博一は3アンダーのカットラインをクリアーできずに予選落ち。スコアーは70‐72のイーブンパー。今田竜二は参加予定で会場に来ていたが、右手の指に傷みを感じて、スタート前に棄権をした。今田選手のランキングは16位から18位にランクダウンしている。残りは最終のツアー選手権も含めて2試合。最終戦は賞金ランキング55位までの選手が出場できる。
賞金ランキング:
今田竜二 18位 ($149,431) 23試合に参加
国吉博一 155位($13,490) 13試合に参加

★ アジアPGA ダビドフ ツアー 【 Open Week 】
次の試合は中国・上海で行われるボルボ・中国オープン(10月18-21日)。 秋になってくると日本人選手はJGTO(日本ゴルフツアー機構)の予選会と日程が重なり、スケジューリングが難しくなるが、シード権(60位)を取得できるようがんばってほしい。賞金ランキングを見ると石垣聡が54位(8試合に出場 $19904)、柳沢克巳が60位、深沢尚人が73位、倉本泰信78位、大井手哲85位、坂上真之介87位、辻村明志92位。

★ USシニアツアー The Transamerica
ナパバレーのシルバラードCC南コースを攻略したのはサミー・レイチェルス。70‐63‐69の14アンダーは2位のレイ・フロイド、ダグ・ツールの13アンダーを僅か1打差で上回った。 レイチェルスは今年2勝目、賞金ランキングを19位に上げる。 余談だが、セルヒオ・ガルシアの父親、ビクター・ガルシアは86‐74‐80・24オーバーというスコアーの最下位で競技を終えた。今週は青木功、山本善隆の両選手は欠場。最終戦のツアー選手権には賞金ランキング31位までの選手が出場できる。シニアツアーも残すところあと2試合。
賞金ランキング :
青木功 25位 ($676,735) 20試合出場
山本 善隆 86位 ($120,982) 11試合出場

★ ヨーロピアン シニアツアー 【 Open Week 】
ヨーロピアンシニアツアーは22試合中、20試合を終えた。 次の試合は10月17 ‐19日 にチュニジア シニアオープンが予定されている。 海老原清治はこれまで13試合に参加、賞金ランキングは4位。5月にアイルランド、6月にイギリス領のジャージー島で優勝を飾っている。準メンバーの岡庭一芳は5試合に参加、ランキングは110位という位置にいる。

★ LPGAツアー LPGA ツアー 2002年 ツアー予選会 (最終予選)
ツアー競技はOpen Weekで試合は行われなかったが、デイトナビーチのLPGAインターナショナル GC (レジェンドコース)で2002年の為の最終予選会が行われた。 トップ通過は4日間を7アンダーで回ったスーザン・ストラッドウィック。日本から参加した3選手は健闘を見せる。カリフォルニアで行われた予選にて、プレーオフで勝ち抜いた片野志保は最終日68のベストスコアで回り 6オーバーから2オーバーにスコアを戻し、13位で合格(73-75-74-68 290)。小俣奈三香も最終日69という好スコアで通算3オーバー、順位は15位タイ(71-77-74-69 291)。15位タイには6人いた。 来年、フル出場できるメンバー枠は18名のみ。 決着は3ホールの合計スコアというプレーオフに持ち越された。 16,17,18番の3ホールを パー、パー、バーディとした小俣はトップでプレーオフを通過、フル出場メンバーとなる。もう一人の日本人、中島真弓は76-71-73-72 292 4オーバーという成績で 準メンバー(Conditional)メンバーとして USLPGAメンバーに合格した。 今年の実績だと17試合ぐらいは出場できる見通し。 2002年は シード選手の小林と福嶋に加え、5人の日本人選手の姿が見られるかもしれない。
賞金ランキング:
福嶋晃子 45位 ($239,414)
小林浩美 73位 ($122,230)

★ フューチャーズ 女子ツアー 【 シーズン 終了 】
2001年シーズンの20試合は全て終了。 賞金ランキングトップは アメリカのベス・バウワー、4勝をして獲得賞金は$81,529。 日本人選手では シーズン8試合目ミシガンでの試合に優勝した中島真弓が14試合に参加して$34,607を稼ぎ、ランキング6位と健闘する。 全米女子オープンにも出場した 石井明子(リンダ石井)は21位、小山美保(デビー小山)は27位という最終順位でシーズンを終了した。フューチャースツアーは2002年シーズンの為の予選会(Qスクール)を11月に予定している。

【 今週の PREVIEW 】 10月18 ‐ 21日
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!