ニュース

米国女子ISPSハンダ オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗は6打差5位 コ・ジンヨンが首位守る

◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 3日目(17日)◇ザ・ロイヤルアデレードGC (オーストラリア)◇6599yd(パー72)

ツアールーキーのコ・ジンヨン(韓国)が4バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算11アンダーとし、初日からの首位を守った。昨年10月の母国開催「KEB・ハナバンク選手権」に続くツアー通算2勝目に前進した。

首位と4打差の通算7アンダー2位にハナー・グリーン(オーストラリア)、通算6アンダーの3位にチェ・ヘジンユ・スンヨン(ともに韓国)が続いた。

畑岡奈紗は3バーディ、3ボギーの「72」と伸ばせず通算5アンダーの5位でミンジー・リー(オーストラリア)と並んだ。

ともにアマチュアの吉田優利(千葉・麗澤高2年)と山口すず夏(東京・共立女子第二高 2年)は、吉田が通算2アンダーの19位、山口が通算1アンダーの22位とした。

一昨年前の覇者、野村敏京は3アンダーから「75」をたたいて通算イーブンパーの31位に後退した。横峯さくらは通算6オーバーの71位に沈んだ。

関連リンク

2018年 ISPSハンダ オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~